« ファイナル・フュージョン承認! | トップページ | 第三の鬼は弾鬼さん »

2005/04/24

「私が愛したウルトラセブン」

スカパーのファミリー劇場でやっていたのを録画しといた「私が愛したウルトラセブン」の第1部「夢で逢った人々」を見た。市川森一が原作。
ウルトラセブンの製作の舞台裏を描いたドラマ。
金城哲夫が佐野史郎、上原正三が仲村トオル、市川森一が香川照之。
あとダンが松村雄基、アンヌが田村英里子、円谷英二役で鈴木清順も出ている。
実話とフィクションを織りまぜたドラマ。
アンヌ役が直前に交代したというのは、実話であるがこのドラマのように交通事故を起こして怪我したわけではなかったと思うが。
このドラマでは、たまたまバイトで来ていた女優未経験の体育大学生、ひし美ゆりこがアンヌ役に抜擢されるわけだが、実際はもう女優デビューしていたわけだし。
ウルトラセブンがどのように誕生したのか、またその製作現場の熱気はどうだったのかを知るには面白いドラマである。

NHKドラマ 私が愛したウルトラセブン(DVD2枚組)
田村英里子 松村雄基 仲村トオル 香川照之

|

« ファイナル・フュージョン承認! | トップページ | 第三の鬼は弾鬼さん »

コメント

>スカイスクリューさま

田村英里子は、わざと下手に演じてるんですよね?

>PIKAさま

日向薫の歌がうまかったですね。
第2部すぐ見ます。

投稿: 不労児 | 2005/04/27 23:27

PIKAです。俺も「私が愛したウルトラセブン」好きです。60年代への思い入れが熱いですね。

出演女優では、松村雄基のフィアンセ役の日向薫が良かったです。強烈なインパクト。ちょっとタイプでした。

もし観てないといけないので、あまり書きませんが、第二部も見所いっぱいです。
「燐寸擦るつかの間海に霧深し・・・」
金城哲夫の悲劇的な運命の予兆を、佐野史郎が名演で見せてくれます。 

投稿: PIKA | 2005/04/27 23:00

田村英里子がいいですねー

投稿: スカイスクリュー | 2005/04/26 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/3841829

この記事へのトラックバック一覧です: 「私が愛したウルトラセブン」:

« ファイナル・フュージョン承認! | トップページ | 第三の鬼は弾鬼さん »