« あいつなりの鬼らしさってとこだな | トップページ | 「アマゾン・ドットコムの光と影」 »

2005/06/17

野尻抱介「太陽の簒奪者」

野尻抱介「太陽の簒奪者」(ハヤカワ文庫)を読んだ。
ハードSFって裏表紙に書いてあったんで、おっかなびっくり読んだんだが、面白いじゃないの。
文系のおれでも、楽しめました。
ファーストコンタクトものです。
突然太陽にリングが出来て、日照量が減り地球に大被害が及ぶ。
これを作ったものの正体と目的は何?ってことで話が進んでいく。
だいたい途中で三回ぐらい、びっくりさせられる。
ただ、主人公の女性がいまどき化石かと思えるくらい、清純なのがね。
かといって薄っぺらいわけではないのだが。
作者が主人公を描くんでいっぱいいっぱいで他に魅力的キャラが出てこない。
それでも面白いんだからいいか。

太陽の簒奪者
野尻 抱介
4150307873

|

« あいつなりの鬼らしさってとこだな | トップページ | 「アマゾン・ドットコムの光と影」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/4585993

この記事へのトラックバック一覧です: 野尻抱介「太陽の簒奪者」:

« あいつなりの鬼らしさってとこだな | トップページ | 「アマゾン・ドットコムの光と影」 »