« 「アマゾン・ドットコムの光と影」 | トップページ | 「大岡越前」最終回の特撮濃度 »

2005/06/19

「ミリオンダラー・ベイビー」

昨日映画「ミリオンダラー・ベイビー」を見た。
傑作じゃないですか。
いつの間にか巨匠になってしまいましたなあ、クリント・イーストウッド。
週刊文春で小林信彦が絶賛していたので、どうしても劇場で見たかったんだよねえ。

人生の奥深さを教えてくれる映画だ。
私にはボクシングしかないんだとがむしゃらにがんばる女(ヒラリー・スワンク)と彼女と組むことになった老トレーナー(クリント・イーストウッド)。それを見守る、元ボクサーで今はジムの雑用係の男(モーガン・フリーマン)。
過去の失敗を今も悔い続ける老トレーナーは、いつの間にか女ボクサーの育成に夢中になり、二人の間には家族以上の絆が結ばれていく。
後半は、涙無くしては見れない。
クリント・イーストウッドの洞察力の鋭さが感じられる映画である。
ただ、非常に重い映画なので、見た後はぐったりするかも。

|

« 「アマゾン・ドットコムの光と影」 | トップページ | 「大岡越前」最終回の特撮濃度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/4625242

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミリオンダラー・ベイビー」:

» ミリオンダラー・ベイビー [社長の本音日記]
海外出張の往復機内は最近では自宅でのDVD鑑賞と並ぶ映画を観る機会となっています。 今回の往復では2本の映画を観ました。 一本はアカデミー主要賞を多数受賞した「ミリオンダラー・ベイビー」、もう一本はウィル・スミス主演のラブコメディ「最後の恋のはじめ方(Hit... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 15:47

« 「アマゾン・ドットコムの光と影」 | トップページ | 「大岡越前」最終回の特撮濃度 »