« セカチューより泣ける「雪の女王」 | トップページ | 2時間ドラマのルーツはこれだ »

2005/06/29

「冲方式ストーリー創作塾」

冲方丁「冲方式ストーリー創作塾」(宝島社)を読んだ。
作家冲方丁が自作「マルドゥック・スクランブル」、「カオスレギオン」、「蒼穹のファフナー」を教材として、小説の書き方を教えてくれる本。
基本のアイデアから、どうやって小説にふくらませていくかがよくわかる。
これほどわかりやすい小説の書き方の入門書ってなかったんではなかろうか。
大作家の人たちの「文章読本」みたいな本は、どうも敷居が高いもんね。

特に最後の章に「意外性がない」、「感情移入できない」などと言われたときの対処法がいろいろ書かれていて参考になる。
さあ。おれも小説書くかなあ。

冲方式ストーリー創作塾
冲方 丁
4796646582

|

« セカチューより泣ける「雪の女王」 | トップページ | 2時間ドラマのルーツはこれだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/4765281

この記事へのトラックバック一覧です: 「冲方式ストーリー創作塾」:

» 【書籍】冲方式ストーリー創作塾 [日本の科学技術は世界一ィィィ!できんことはないイイィーーーッ!!]
冲方式ストーリー創作塾冲方 丁 冲方 丁宝島社(2005-06-02)定価 ¥ 1,365[ 入門にオススメ ] 2005-09-15 ★★★★★ 小説というものを難しいものと考えず、気楽に書けるものというスタンスの下、本書は書かれています。 これは、こうしたハウトゥ本の中では斬新なスタイルではないでしょうか。 大抵の同じような内容の本が優れた素質を要求したり、小説を高尚な...... [続きを読む]

受信: 2005/12/04 22:50

« セカチューより泣ける「雪の女王」 | トップページ | 2時間ドラマのルーツはこれだ »