« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

映画「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」

暑いじゃねーか。
だが、暑いとか忙しいとか言っていては、オタク活動はできないのである。

ということで、映画「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」を見た。
なんか原作にけっこう忠実に作っているんだねえ。
まず主演の須賀貴匡君が、原作の神山にそっくりすぎて笑ってしまった。

そして、うれしかったのは宇宙猿人ゴリとその部下ラーのコンビがなぜか出てくること。
映画のエンディングも「宇宙猿人ゴリなのだ」のリメイクだし。

短いギャグの連続をうまくつないでいて、最後まであきさせない。
それでクライマックスは、ゴリにあやつられた生徒たちと神山ひきいる地球防衛軍との戦闘シーンになっているし。
なんだか、頭の中がめちゃくちゃになる快作である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/07/30

どうぶつ宝島

暑いんで出かけずに録画しといた映画「どうぶつ宝島」を見た。

監督が森康二、原画が宮崎駿。
昔の東映アニメは、よく動くなあ。
タイトルどおり、主人公ジムとヒロインキャシー以外は全部動物。
ジョン・シルバー船長なんか豚だもん。

ヒロインのキャシーが強気な美人でグッジョブ!
未来少年コナンのモンスリーに似ている。

これを見たせいで昔の東映の劇場用アニメをまとめて見たくなった。
やはり宮崎駿は、昔からいい仕事してますねえ。

どうぶつ宝島
松島みのり 天地総子 小池朝雄
B000066AEU

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/28

大尉にお尻を触られていたのよ

劇場版「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」を見た。

TVシリーズのときは、誰にも感情移入できなかったんだけど、今見るとジェリドの気持ちがよくわかる。
おれも能力ないくせにプライドだけは高いからなあ。

あとカクリコン萌えですよ。
「アメリア!」って女のことを思いながら死んでくところがいいじゃないですか。
あの禿おやじにもそれなりの人生があったというのをこのワンカットだけで観客に連想させるあたり、やはり富野監督ただものではありません。
あと、アポリーとロベルトもカッコいいし、Zガンダムはおやじキャラがいいんですよ。

カミーユは、本当にイヤなガキだし、アムロはあんまり出てくる意味ないし、クワトロは狂言回しだしで、TVシリーズには、いい印象がないんだが、再編集でけっこう面白く生まれ変わったんじゃなかろうか。

次作「恋人たち」で、フォウの声優がTVシリーズと変更になったのが不安だなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/27

トップランナー、CLAMPの巻

日曜日にNHKの「トップランナー」にCLAMPが出ていた。

どうやって創作しているのかがわかって興味深かった。
脚本、絵コンテ、作画、仕上げと完全分業制なんだなあ。
しかもアシスタントを使っていないとは。

仕事場も機能的で、しかも漫画家なのにすごいきれいですっきりしていた。
でもこういう番組に出るのはどうなのかねえ。
もっと神秘的な存在でいてほしかったような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/26

京都でデート?

魔法戦隊マジレンジャーStage.22「京都でデート? ~ルーマ・ゴルド~」を見た。

新しい技、マジカルタワーを見たとき、科学忍者隊ガッチャマンを思い出したおれは古すぎ?

しかし、東映の苦悩がよく表れていた。
そーか、愛知万博の影響で全然客が来てないんだなあ、東映太秦映画村
上層部のなんとかしろの命令で急遽作ったのがこのエピソードか?
ということで全編映画村の宣伝だった。というのは言いすぎか。
まあ、ナイとメアのくの一姿が見られたので良しとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/24

「宇宙戦争」

昨日映画「宇宙戦争」を見た。

映画がはじまる前に地震がきてびっくり。
映画上映中のトライポッドが初登場するシーンあたりで来てくれれば、映画の迫力も倍増しただろうに残念。

ということでネタばれもあるので見てない人は、読まないように。

トム・クルーズ演じる主人公は、妻に離婚されたダメ男。
それが週末に、妻のもとで暮らす子供二人(ロビーとレイチェルの兄妹)を、あずかることになる。
なんとか、子供たちとコミュニケーションをはかろろうとするトムだが、うまくいかない。
そこに、とつぜん落雷が何度も落ち、停電がおこり、車や携帯も動かなくなってしまう。
そして、外に様子を見に行ったトムの前に現れたのは、巨大な三本足の物体だった。

この物語の導入部がいい。
トムが妻や子供たちに、全然信頼されていないことが、短い時間で表現されている。
この映画でトムは、スーパー・ヒーローではなく普通の父親だ。
その彼が、謎の宇宙人襲来のパニックのなかで、どう子供たちを守っていくのか?

ド迫力のシーンの連続にうならされる。
特に最初の方でトライポッドにハイウェイ?が破壊されるのをトムが見るシーンが合成とは思えないリアルさ。
逃げ惑う人たちがトライポッドの光線でやられるシーンは、スピルバーグ監督も血しぶきがドバーっと出るような感じで撮りたかったんだろうけど、親子連れも見るから抑えているのか?
それでも子供には十分怖いだろうが。

そして、トム親子のサバイバルを見ているなかで、思うのは宇宙人も怖いけど人間も怖いということだろう。
そういうシーンがいくつかある。

ともかく、親は無条件で子供を守り、愛してやれとそういうことがいいたい映画なのだろう。
トムの視点で撮られた映画なので、情報不足のまま右往左往するトムに感情移入しやすい作りになっているところがすごいと思う。
しかし、わざとそういう作りになっているのに、説明不足だとか文句を言う奴がいるからなあ。
ともかく、傑作であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/21

22日(金)日テレのザ・ワイドに本田透先生登場!

明日(22日)の日本テレビの「ザ・ワイド」(午後1時55分から)の「秋葉原&萌え特集」に、あの「電波男」の本田透先生が登場ですよ。
萌え評論家としてインタビューを受けているみたいです。
どんなことをしゃべるんでしょうか?
まさか、かなりやばい内容なのでは。
当然、HDDレコーダーで予約録画ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」

滝本竜彦「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」(角川文庫)を読んだ。

主人公の高校生山本陽介は、物語の冒頭の方の友人渡辺との会話で
「だからさ、アレだ。つまり、なにも信じるものがなくて、不安だ、と。そして毎日の生活に潤いがない、と」
と嘆く。
まあ、いつの時代の高校生でも思うことだよなあ。
で、いつか自分にもなにか、すごいことが起きないかと、熱望しているわけだ。
しかし、おれには何も起きなかったなあ。
なにも、アクションをおこさなかったんだから、あたりまえだけど。

だけど、山本君は偶然、チェーンソーを振り回す男と戦う絵里ちゃんという女子高生に出会ってしまう。
チェーンソー男は、なんのために出現するのかよくわからないし、絵里ちゃんがチェーンソー男と戦う理由もかなり薄弱だ。
それでも、山本君には、チェーンソー男も絵里ちゃんも、自分の味気ない日常を変えてくれる、極上のスパイスだったのだ。そして、それは誰もが待ち望みながらも、とうとう大人になるまで訪ずれないモノなのだ。

物語に不安定性があるものの、それがより完成型に近い「NHKにようこそ!」に較べて、青春という瞬間を描くには、いい方に作用している。
後味がさわやかな青春小説だ。

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ
滝本 竜彦
4043747012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

映画「マラソン」

昨日韓国映画「マラソン」を見た。

自閉症の青年がフルマラソンを2時間57分で完走したという実話にもとづいて作られた映画らしい。
主役を演じたチョ・スンウの演技がすばらしい。
またその母役のキム・ミスクも子を思う母の気持ちをよく表現していて、涙をさそう。

母親が自閉症の息子に、マラソンをさせるがそれは果たして本人が望んでしていることなのか、それとも親のエゴか?
最初はやる気のなかった酒びたりのコーチもだんだん、青年のひたむきさに引き込まれていく。

子供の自立とはなにか?生きる喜びとは?といろいろなことを考えさせてくれる映画だ。
これほどストレートに感動できる映画が作れる韓国映画界の奥深さ。
とかくイケメン俳優だけが、注目される韓国映画だが、すごい映画が次々出てきて目が離せないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

上半期おれは何を楽しみに生きてきたか

なんかいつの間にか上半期が終わっているじゃないの。

で、おれが上半期楽しんだものテレビ編ですよ。
以下がそのベスト5

1位 「ケロロ軍曹」
まあ、これが当然一位です。
シナリオがよく出来てますよ。オタク知識が多い人ほど楽しめる。
これを10代で見てる人は、おいらの半分も楽しめてないと思うぞ。

2位 「仮面ライダー響鬼」
この作品、どの人物もキャラが立っているのがすごいです。
特にヒビキさん。彼を見ているとおいらもがんばろうという気になります。

3位 「攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG」
これもシナリオがよく出来ています。
しかし、サイトーさんが主役の回があるとは意外でした。

4位 「ウルトラマンネクサス」
このブログでは、さんざん悪口書いていますが、いざ終わってしまうと、ものすごく寂しかったです。

5位 「魔法戦隊マジレンジャー」
まあ、今年はお子様向けですから。
えっ?毎年お子様向けだって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「バットマン ビギンズ」

昨日映画「バットマン ビギンズ」を見た。

この夏は面白そうな映画がたくさんあって、うれしい悲鳴。
とりあえずひとつひとつ見ていかなけりゃしかたあるめえ。

ということで「バットマン ビギンズ」だ。
もうすぐ上映終了だろうということで見てきた。

バットマンの誕生をていねいに描いている。
ていねいすぎて最初の一時間は、バットマン出てこねーし(笑)。

自分の両親を殺した犯人を殺そうとしたり、罪を犯して囚人になったり、謎の組織で訓練を受けたり…。
だが、主人公ブルース・ウェインは、どこかの誰かさんと違って、暗黒面(ダークサイド)に落ちそうになりながら踏みとどまるのである。

バットマンになるためのスーツやバットモービルが簡単に手に入るのは、ちょっとご都合主義か。
あと、バットマンが敵をばったばったとなぎ倒すシーンが、暗い中に黒いスーツ姿なので何をやっているのか観客にわかりずらいのが難。
まあ、アクションシーンより人間ドラマを見てよってことなんでしょう。

まあ、「スパイダーマン」と似ているかなあと思うのだが、あちらは主人公が喪男(もてない男)なのを前面に押し出しているだけにおれの中では評価が高い。
しかし、今回の「バットマン」は、いい意味で期待を裏切ってくれたので、けっこう好きである。
軽い気持ちで見に行くと痛い目に遭うぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/14

今週のR25に京極夏彦インタビュー

今週のフリーペーパーR25に京極夏彦のインタビューが載っている。

「姑獲鳥の夏」映画化のせいか最近メディアへの露出が多くないか、京極先生。
このまえは、週刊文春で阿川佐和子と対談していたし。

そういえば文春の対談で先生が、19歳で結婚したと知ったときはショックでしたよ。
おれなんか19歳のころ、浪人生でまだ親からこづかいもらってましたよ。

R25のインタビューでは今でもベータのビデオデッキを使っていると言ってるし、やはり我々凡人とはひと味もふた味も違う男なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/13

「テレビアニメ魂」

山崎敬之「テレビアニメ魂」(講談社現代新書)を読んだ。

著者は68年に東京ムービーに入社。
「巨人の星」、「ど根性ガエル」、「それいけ!アンパンマン」などのシナリオ制作にかかわった。
まさにアニメの歴史とともに歩んできた人といっていいだろう。

東京ムービーはどうやって誕生したのか。
オバQの毛を三本と決めたのは誰か。
「巨人の星」が原作に追いついてしまったしまったときに、アニメオリジナルのストーリーをどうやって作ったか。
ベルばら監督交代事件の真相などなど、オールドアニメファンには興味津々のネタの数々。

著者は
「アニメの命は、シナリオです。そしてシナリオの善し悪しは、そこにどんなドラマがあるかで決まります。今のアニメは、このドラマが弱いのです」
と言い切る。

確かにおっしゃるとおりです。
この本を読むと、いろいろな大人たちがアニメに真剣に取り組んでいたのがわかる。
そしてそんなアニメの数々を子供のころに見られた我々は幸せだったのかもしれない。

テレビアニメ魂
山崎 敬之
4061497898

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

小説「ミリオンダラー・ベイビー」

F・X・トゥール「ミリオンダラー・ベイビー」(ハヤカワ文庫)を読んだ。

映画「ミリオンダラー・ベイビー」のストーリーは、この本の中の短編「ミリオンダラー・ベイビー」と「凍らせた水」の2本を組み合わせてつくったものだ。

この短編集は、ボクシングをテーマにした小説ばかり集めたものだが、ボクサーが主人公の小説は一作もない。
どれもトレーナーやカットマンといったリングの脇役が主人公だ。
カットマンとは、ボクサーが出血したときに、止血して戦い続けられるように手当てをする人だ。

そしてトレーナーやカットマンを通して、ボクシングを描くことによって、そこに人生の縮図を浮き彫りにしている。
あきらかに、不正な判定によって負ける者。
未来を嘱望されたボクサーを襲う不運。

リングには、神がいないのかと嘆きたくなるような、運命の理不尽さ。
そういう場面をいくつも見てきた作者だからこそ書けただろう、傑作ぞろいの短編集だ。
ちなみに作者は、ボクサー、トレーナーを経て70歳で小説家としてデビューしたそうである。

ミリオンダラー・ベイビー
F.X.トゥール
4150410828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

カエルがイケメンに!

「魔法戦隊マジレンジャー」Stage.20「キスしてケロ ~ゴール・ゴル・ゴルディーロ~」を見た。

きましたね~。新キャラ。
天空勇者マジシャイン。
しかし、素のときって、カッコとかしゃべりかたとか、さわやかイケメンというよりホスト系なんじゃ。
あんなやつにおれのうららちゃんを取られてたまるか。
ぜったい応援しねーぞ!ふん。

なぜ毎年、いまごろ新キャラ、新アイテム、新ロボが登場するか知ってますか?
お盆に田舎に帰った子供たちが、おじいちゃん、おばあちゃんにおねだりして買ってもらうのを狙ってるらしいです。
大人の事情ってやつですね。
で、毎年思うんだけど、新キャラが出てくると5人がかすんじゃうんだよね。

まあ、ここからどうやってもりあげていくのかお手並み拝見ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/10

ドラマ「電車男」

やっと見たドラマ「電車男」第1話。

これを見てわかった。
おれオタクじゃなかった、すいません。

萌えアニメ見ないし、ゲームも最近やらないし、フィギュアもあまり買わないし、携帯ストラップも買ったときついてたやつだし、声優のイベント行かないし…。
と安心させるためのドラマなのか?

しかし、自分が電車男と同じ状況になったときどうするかですな。
おれだったら、酔漢にからまれてるのが中谷美紀だろうが伊東美咲だろうがぜったい助けねえ。
もし、助けたとしても言われるに決まってるじゃないですか、「あんたにだけは助けられたくなかった」と。
まあ、しょせんはフィクションですからねえ。

伊藤淳史くんがオタクになりきって好演。
エルメスたんの伊東美咲もなかなかはまり役のような気がする。
あとは、原作と違ってアンハッピーエンドならすごいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

「機械たちの午後」

「攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG」の「機械たちの午後」を見た。

タチコマたちの議論が楽しい。
まあ、でもタチコマたちを使って、受け手に今までのストーリーを回想する機会を与えているわけで、このストーリー構成はあなどれない。

でも現代人も電脳とはいかないまでも、携帯電話で情報の共有化がはかられているわけで、そうすると自分の考えだと思っていたことが、しょせんは誰かのすりこみにすぎないってこともあるわけですよ。
で、このネットワークに少し毒をかませれば、ほーらあなたも個別の11人ってこってす。

それで最近なんか、自分自身であって自分でないような、まるで上からもう一人の自分が見ているような感覚がするってことないですか?
っていうか心頭滅却?(←意味違います!)

それで、タチコマのサーバーが人工衛星にあったり、おとうさんが登場したりで、なんかすごい話なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/06

「これが僕の回答である。1995-2004」

押井守「これが僕の回答である。1995-2004」(インフォバーン)を読んだ。
押井守が「ワイアード」、「サイゾー」などの雑誌に連載していたエッセイ。
でも語り下しって帯に書いてあるから、自分で原稿を書いたわけではないのか。

自分が業界に入ったときの師匠のこととか、「アヴァロン」、「イノセンス」などの製作裏話や、自身の映画観など興味深いネタについて語っている。
氏は、高校生のころはSF作家になりたかったそうで、
「実際、現在の僕がもっている基本的な人間観や世界観は、中高生の頃に読み漁ったSF小説を通して培われたものが大きい」
と語っている。
おれも中高生のときは、似たような生活を送っていたはずだが、なんでクリエーターになれなかったんだ!

ともかく監督になるならたくさん映画を見て、たくさん本を読んでいるのは基本だそうで、最近業界に入ってくるのは、アニメしか見てこなかったやつばかりで、そんなやつらに自分の地位を奪われる脅威は、さらさら感じないそうである。
ここまで言わせといていいんでしょうか?
おれも押井守は尊敬しているけど、威勢のいい新人がどんどん出てくるのを期待したいものである。

これが僕の回答である。1995‐2004
押井 守
4901873113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

「雨にぬれても」

上原隆「雨にぬれても」(幻冬舎文庫)がいい。
大事件や有名人ではなく、普通の人の生活を綴ったノンフィクション。

出てくる人は、本当に隣にもいるかもしれないような人たちだ。
社長と社員一人きりの会社で社長に自殺されてしまった女性社員、三十代で結婚相談所に入会した女性、倒産した出版社の社長など。
どの人物のエピソードも印象深いものばかりだ。
そして読んだ後には、少し生きる勇気が湧いてくる。
新しいタイプのノンフィクションだ。

雨にぬれても
上原 隆
4344406532

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

ああ、DASHの人

「ウルトラマンマックス」第1話「ウルトラマンマックス誕生!」を見た。

M78星雲から来たとは、オーソドックスなウルトラシリーズに戻ったのか?
でも主役の人どうよ?
華がなさすぎ。

第1話は、金子修介が監督。
黒部進と桜井浩子がレギュラーとは、オールドファンには感涙ものだ。
しかし、DASHを出動させないでも、長官自ら変身してかけつければすぐ解決でしょうがと突っ込みを入れたくなるぜ。
とりあえず、子供にはネクサスより楽しめるだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/03

「ダニー・ザ・ドッグ」

昨日映画「ダニー・ザ・ドッグ」を見た。

脚本がリュック・ベッソンだからねえ。
「レオン」の二匹目のどじょうを狙ったと言えなくもない。
人間的にいびつな主人公が、優しい人々に触れて、徐々に人間性を回復していく。

子供のころから、主人の言いなりに戦う、犬として育てられた青年ダニーをジェット・リーが演じている。
なぜそんな犬が必要なのかというと、その主人バートが高利貸しなんで、暴力で借主から強制的に取立てをするためだ。
で、ご丁寧にもダニーには、首輪がはめられていて、その首輪がはずされて、けしかけられない限りは、戦おうとしない。
そのダニーを迎え入れることになる親娘をモーガン・フリーマンとケリー・コンドンが演じている。

格闘シーンがけっこうガチンコでいい感じ。
あまりワイヤーを使っていないので、好感が持てる。
しかし、ジェット・リーの動きはすごい。おれより一歳上とは思えない、早さとしなやかさだ。
狭いトイレのなかで、相手の延髄に蹴りを入れるシーンがあるのだが、相当体がやわらかくなくてはできない芸当だ。

人間らしさを取り戻していくジェット・リーの純真そうな目がなんともいえずいい。
アクションシーン以外の人間ドラマもよくできている。
だが「レオン」のように強烈に残るものがないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »