« 今週のR25に京極夏彦インタビュー | トップページ | 上半期おれは何を楽しみに生きてきたか »

2005/07/17

「バットマン ビギンズ」

昨日映画「バットマン ビギンズ」を見た。

この夏は面白そうな映画がたくさんあって、うれしい悲鳴。
とりあえずひとつひとつ見ていかなけりゃしかたあるめえ。

ということで「バットマン ビギンズ」だ。
もうすぐ上映終了だろうということで見てきた。

バットマンの誕生をていねいに描いている。
ていねいすぎて最初の一時間は、バットマン出てこねーし(笑)。

自分の両親を殺した犯人を殺そうとしたり、罪を犯して囚人になったり、謎の組織で訓練を受けたり…。
だが、主人公ブルース・ウェインは、どこかの誰かさんと違って、暗黒面(ダークサイド)に落ちそうになりながら踏みとどまるのである。

バットマンになるためのスーツやバットモービルが簡単に手に入るのは、ちょっとご都合主義か。
あと、バットマンが敵をばったばったとなぎ倒すシーンが、暗い中に黒いスーツ姿なので何をやっているのか観客にわかりずらいのが難。
まあ、アクションシーンより人間ドラマを見てよってことなんでしょう。

まあ、「スパイダーマン」と似ているかなあと思うのだが、あちらは主人公が喪男(もてない男)なのを前面に押し出しているだけにおれの中では評価が高い。
しかし、今回の「バットマン」は、いい意味で期待を裏切ってくれたので、けっこう好きである。
軽い気持ちで見に行くと痛い目に遭うぜ!

|

« 今週のR25に京極夏彦インタビュー | トップページ | 上半期おれは何を楽しみに生きてきたか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/5004456

この記事へのトラックバック一覧です: 「バットマン ビギンズ」:

« 今週のR25に京極夏彦インタビュー | トップページ | 上半期おれは何を楽しみに生きてきたか »