« 二十六之巻「刻まれる日々」 | トップページ | ドラマ「アストロ球団」 »

2005/08/10

「ヴィーナス・プラスX」

シオドア・スタージョン「ヴィーナス・プラスX」を読んだ。

目がさめたら、全然知らないとこころにいたっていうのは、SFではよくある手法なのだが、これは未来のどうやら人類が滅亡した後の両性具有の人たちの世界に行ってしまうという話である。
1960年に出版された本ということで、古臭い話かと思ったが、なんの全然新しいじゃないの。
ともかく思考実験として成功している。
いいSFを読んだときに感じるクラクラ感がやってきましたよ。
やっぱり、男女の性差、セックス、異なる文明の交錯、宗教といった普遍的なものを描いているから古びないんだろうね。

しかし、最近の出版界のSFブームはなんなんだろうね。
次々ハードカバーが出て、買いきれないし、読みきれない。
特にスタージョンは、たくさん出たもんなあ。

あ、そういえば今日の深夜からドラマ「アストロ球団」がはじまるんだ。
楽しみなのね。

ヴィーナス・プラスX
シオドア・スタージョン
4336045682

|

« 二十六之巻「刻まれる日々」 | トップページ | ドラマ「アストロ球団」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/5399054

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヴィーナス・プラスX」:

« 二十六之巻「刻まれる日々」 | トップページ | ドラマ「アストロ球団」 »