« トリポッド | トップページ | 二十六之巻「刻まれる日々」 »

2005/08/07

映画「姑獲鳥の夏」

映画「姑獲鳥の夏」を見た。

最初、映画化の話を聞いたときに、正直やめておけばいいのにと思った。
キャストもおれのイメージとは全然違っていたし。
それにあのオチをどうやって映像化すんのよ?という疑問もあった。

しかし、さすが実相寺昭雄監督。
あの作品世界を、見事に映像化してくれていた。

役者陣も京極堂役の堤真一の凛々しさがいい。
長回しのセリフを、滑舌で言い切るあたり、いかにもあの京極堂である。
それに物語の鍵をにぎる姉妹を一人二役で演じた原田知世の怪しい美しさ。

思った以上に京極ワールドが展開されていて、おれの先入観を打ち破ってくれた。
大満足の一作であった。

|

« トリポッド | トップページ | 二十六之巻「刻まれる日々」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/5346005

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「姑獲鳥の夏」:

» 映画「姑獲鳥の夏」 [AKI-KASHII's BOOKWORM]
 映画「姑獲鳥の夏」を観てきました。  私は原作を読んでおりますし、もともと脳だ [続きを読む]

受信: 2005/08/07 23:38

« トリポッド | トップページ | 二十六之巻「刻まれる日々」 »