« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/26

ハリケンブルーがDASHを襲撃

ウルトラマンマックス「ゼットンの娘」を見た。
脚本が上原正三。

長澤奈央のコスプレ大会かよ。
しかし、忍者姿でDASHを襲撃するとは、ねらっているとしか思えない演出。
ハリケンブルーにショーンやコバ隊員が勝てるわけないじゃん。

ゼットンは、なんか初代よりカッコ悪くなっているぞ。
ぜんぜん強そうに見えないし。
それでも苦戦するマックス。
そこに唐突にあらわれる、ゼノン。
そんであっさり新兵器を渡すと、マックスはそれでゼットン倒してめでたし、めでたし。

長澤奈央がしばらく続けて出てくれるのか。
次回のさらなるコスプレに期待。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/09/24

アストロ球団 第四球(前編)

「アストロ球団」第四球(前編)。

外野にヒット性の当たりをはなちながら、一塁に向かって走ることができない、球七。
それをはげます、アストロナイン。
ようやく、一塁に向かうがそこでクロスプレーになり、はじき飛ばされる球七。
判定はアウト。
それでも体をひきずり一塁に向かい、ベースを握り締める球七。
このシーンが原作のマンガそっくりで感動しました。

やっぱり原作に一番似ているのが、球七さんですかね。

最近このドラマのサントラ盤が出たんだけど、オープニング曲「夢よ、舞いおどれ!!」が収録されてないんですね。
ということで、シングル盤を買いました↓

夢よ、舞いおどれ!!/グッドエモーション(DVD付き)
なんばあきひろ AND 宇宙船地球号 なんばあきひろ AND 宇宙船地球号feat.八駿 なんばあきひろ AND 宇宙船地球号feat.八駿 Gogaonkyo
B000A1EEFG


| | コメント (0) | トラックバック (1)

「電波大戦」勃発

本田透先生の電波シリーズ第2弾、「電波大戦」であります。

本田先生は、襲い来るモテの魔の手からの護身を完成させるべく、修行の旅に出たのであった。
でその修行の師匠に選んだのが、竹熊健太郎先生、岡田斗司夫先生、滝本竜彦先生、倉田英之先生なのでした。
なかでも、一番面白かったのは、「NHKへようこそ!」の滝本竜彦先生の章。
先生は、いま大変な目にあってます。
自称ファンだという女に、自宅に居座られてしまってます。
いろいろあって創作活動に支障が生じて、今は何も書いてないそうです。
いやあ、本当に女ってすばらしいじゃなかった、こわいですね。
それでは、さいなら、さいなら、さいなら。
ってまだ終わんねーよ。

ともかく、クリエイターに女ができるとろくなことがないみたいです。
その例として上げられているのが庵野監督なわけですが。

でこの本が必要なオタクって本当にいるんでしょうか。
わたし自身も、友人たちもいっこうにモテる気配がないんですが。
「電車男」が間違ったイメージをつくってしまったせいか、世間はオタクは浮気しないとか、誠実だとか思っているらしいんですが、イメージ先行ですよ。
オタクがどんなエロゲーやっているか知っていて言っているんですかね。
はっきりいって、オタクの8割は鬼畜です。
と今日はこのへんで、おしまい。

電波大戦
本田 透
4872339835

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/22

「シンデレラマン」で描かれる大不況は2年後の日本の姿だ

連休中に映画「シンデレラマン」を見てきました。

監督はロン・ハワード、主演はラッセル・クロウ。

後半のボクシングシーンも印象に残ったけど、前半の大恐慌に苦しむ主人公一家の姿が、せまりくる日本の未来みたいで気楽に見ていられなかった。
財務省は、2007年に定率減税を全廃すると決めました。たぶん同年に消費税率もアップされるでしょう。
思い出されるのは、橋本内閣が消費税率を3%から5%に引き上げたときです。
あっという間に物が売れなくなり、日本は不況となりました。

映画では、ラッセル・クロウ演じるプロボクサーのジム・ブラドックが仕事を求めて波止場に行きますが、集まった労働者のなかで使ってもらえるのは、わずか数人。
しかたなく、ジムは手の骨折を隠してわずかな金のために、ボクシングの試合に臨みます。
しかし、ぶざまな試合をしたため、ライセンスを剥奪され、ファイトマネーももらえません。

ボクシングの試合ができなくなったジムは、苦境に立たされます。
電気やガスを止められ、子供には満足な食事もさせられない。

そんな、ジムにかつてのマネージャーが一夜かぎりの試合をしないかともちかけます。
相手はいまのりにのっている若手。とうてい勝ち目はありません。
しかし、ジムは生活のためにリングに上がるのでした。

最近のアメリカ映画が忘れていた、あまりにもオーソドックスな映画である。
派手じゃなくてもいい、人間を描けばいいのである。
家族のために戦う男、それを見守る妻。
テレビ中継のない時代、父親の試合の実況をラジオにかじりついて聞きいる子供たち。
労働者や貧しい者たちのヒーローとなったジムを応援するため、教会で祈りをささげる人たち。
最後に人間っていいなあと思える映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/20

ヨドバシカメラ マルチメディア アキバに行って来た

ヨドバシカメラ マルチメディア アキバに行って来た。
まあ、ひやかしで。
何にも買わなかったし。

でもさすがにピカピカだったね。
なんか入りづらいよなあ。
客は一般ピープルばかりみたいだし。
おれみたいないかにも貧乏そうな悪臭ぷんぷんおじさんには、店員も見向きもしてくれないし。
悪い、オタクにはまぶしすぎる!
しかし、時間がなくて周辺の店に行けなかったけど、他の店の客足はどうなんでしょうか?
ヨドバシ側では、「圧倒的じゃないか、我が軍は」とかいってほくそえんでるんでしょうか?
SとかTとかつぶれなきゃいいけどね。

まあ、おれらオタクは裏通りで買い物しますんで、よろしく。

ついでに、有楽町ビックカメラも行って来たけど、活気あったね。
対抗意識剥き出しで、結構値引きしてたみたい。
ヨドバシでこの値段だったんだけど、とかいえばまけてくれたのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/14

バスの中心で自分がバカだと叫ぶ

何年前だったろうか。
たぶん前の衆議院選挙の直前のことだと思う。

おれは、バスに乗っていた。
座れたので少し眠ろうと思ったのだが、すごい大声でしゃべってるおばあさんがいて、いやでも内容が聞こえてくる。
それを聞いているのは、バスのなかでたまたま後ろの席に座った見ず知らずのご夫人のようだった。
一方的にしゃべり続けるばあさん。
で、その内容はというと
「あたしゃ、自慢じゃないが一度も選挙に行ったことありませんよ。あんなのに行くのは、バカだけですよ」
ということらしい。

おれは、バカはあんたの方だと思った。
その年になるまで、なにごとも自分で決められません。
つまりは、自分は大バカですよと、言っているのと同じではないか。

しかし、どう見ても70歳以上と思われるおばあさんが本当に普通選挙運動の歴史を知らないのだろうか?
いまでは、誰でも20歳を過ぎれば選挙権があるが、昔は金持ちしかなかったのである。
先人たちの苦闘の歴史を知らないからこそ安易に棄権ができるわけである。

しかし、こんな老人にも選挙権があるとはねえ。
民主主義ってすばらしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/12

三十一之巻「超える父」

劇場版仮面ライダー響鬼の公式ブログのコメント書き込み数があいかわらずすごいなあ。
劇場版用なのにテレビ版への批判のオンパレード。
しかも文章からいって、どう見ても同じ奴が何度も書き込んでいるとしか思えん。

いいなあニートはひまで。
一日中パソコンにへばりついて書き込んでいるんだろうね。
それでもパパとママがちゃんとごはんを食べさせてくれるわけだ。

で三十一之巻「超える父」を見たけど、別にいままでと較べてそんな違和感ないじゃん。
というか、ちゃんと今までのをよく見て研究していると思うけど。

ちゃんとヒビキさんは、戦闘以外はなにやってもだめだめだし。

特によかったのは、明日夢君と父親を直接対面させなかったところ。
まあ、そのぶん会社の同僚たちや、建設現場の人たちのセリフが説明くさくなかったわけではないが、直接話させるよりも、父親の人柄が浮き彫りなったと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/11

ヒビキさんはマザコン?

今日のテレビ朝日「グレートマザー物語」は、細川茂樹さんじゃありませんか。

思春期にも、お母さんと誘いあって買い物に行っていたそうです。
番組ではこれを美談ってことにしたいみたいですが、それっておもいっきりマザコンじゃないですか?

そして、お父さんが秘蔵しておいた細川さんの子供時代を写した8ミリフィルム。
そのなかで、3,4歳ぐらいとおもわれる細川さんが仮面ライダーベルトをしめて、変身ポーズをとってました。
あんたは、えらい!
生まれながらのライダーですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/10

「アストロ球団」第三球前編

録画しておいた「アストロ球団」がたまってきたんで第三球前編までいっきに見た。

ついに対ロッテ戦がはじまった。
原作では、そのころフランチャイズ球場がなかったロッテとアストロ球場を賭けて試合をしていたのに、巌流島で試合かよ。
っていうか、どうやって球場作ったんだ!
原作では、ロッテ戦で苦戦すんだよね。超人だからって、あっさり勝っちゃつまらないからね。

石丸謙二郎が原作の金田監督のいやらしさを見事に再現していたのが笑えた。
あいかわらず、千葉真一もノリノリでがんばっているし。
ドラマでは、今世紀の最高傑作ではなかろうか。
まだ4年しか経ってないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/09/09

スティーヴン・キング「小説作法」

スティーヴン・キング「スティーヴン・キング 小説作法」(アーティストハウス)を読んだ。

まあ、キング先生が言いたいことを要約すると、小説家になりたけりゃ、たくさん読んでたくさん書けと。
でもこの本、小説の書き方のところはあまり参考にならないかも知れぬ。
キング先生に罪はない。小説作法の本なのに訳文がひどすぎるのがいけないのだ。

それを抜きにしてもキング先生の生い立ちとか、創作の裏話とか、九死に一生をえた交通事故の顛末とかがおもしろいんで、キングファンにとっては、読んで損はないはずだ。

小説作法
スティーヴン・キング
4901142674

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/09/06

芳香とうらら

駅とかに置いてあるリクルートのフリーペーパーR25のNO.58ですが、今週の「彼女」というグラビアページに登場しているのが、「マジレンジャー」の芳香ちんとうららちんのわけでございますですよ。
プライベートでも仲がよろしいようで、泊まりに行ったりしているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/04

仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼

昨日、映画「仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼」を見た。
毎年仮面ライダーの映画は、初日に行っているんで、今年も行ってきました。
おれは、毎年この時期にライダーの映画を作るのは反対なんだけどね。
まだ、テレビシリーズが終わってないから、とうしても番外編になってしまうから。

でとりあえず同時上映「魔法戦隊マジレンジャー THE MOVIE インフェルシアの花嫁」からはじまった。
インフェルシアの冥獣人バーサーカーというのに、あの山崎さんが無理やりさらわれ、花嫁にされてしまうという話。
さて、魁くんは愛しの山崎さんを無事救出できるのか?
なかなか短い時間でよくまとまっていたんじゃないでしょーか。

そして、「ヒビキ」のほうです。
ヒビキさんが、明日夢君をオロチという魔化魍の攻撃から守るために大怪我をして入院してしまう。
明日夢君とおやっさんは、オロチの弱点を調べるため古文書を調べはじめる。
するとその中に、明日夢という名前を発見した明日夢君は、本の世界にのめりこんでいき…。
ということで、明日夢君が想像した本の世界ということで戦国時代の話がはじまる。

なかなか面白かったんじゃないでしょうか。
テレビシリーズと違い、ヒビキさんが明日夢君におにいさんを殺したと疑われているという設定になっていたり、イブキさんがお殿さまだったり、その他の人たちも違った役どころを与えられていました。

そして、初日のお楽しみは、映画館前で仮面ライダー響鬼と握手してもらえて、オロナミンCももらえるというところ。
子供たちも喜んでました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/02

ゲロゲロ30分であります

ケロロ軍曹「あっと驚く特別企画 ゲロゲロ30分!であります」を見た。

でそのなかの「ケロロ 悲しきエスパーであります」を見て思った。
そうか、コミケに学生服着ていけばそれだけでバビル2世のコスプレじゃん。
まあ「幻魔大戦」の東丈かもしれんが。
他にも学生服キャラは、たくさんいますがね。
学生服なんかとっくに捨てちゃったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »