« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/25

ヘンケン艦長は喪男の星だ

やっと映画「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」を見てきました。

なんか戦闘シーンばっかりですね。
落ち着いたシーンがないせいで見終わったら、異様に疲れていた。
しかし、新作カットで他のキャラはともかくカミーユは、なんとかなりませんか。
まるっきり別キャラですよ。
あの顔でキレたりふてくされたりされると違和感がありすぎですよ。

公開前になにかと物議をかもしだした、フォウの声優交代でしたが、われわれが問題にしなければいけなかったのは、サラ役が池脇千鶴に変更になったことの方だったのではないのだろうか。
下手やねえ。
サラが出てくるたんびに、見てるおれのテンションは下がりっぱなし。
これがDVDだったら、スキップボタンを押しちゃうとこだ。

今回おれが、感情移入していたのは、もちろんヘンケン艦長。
あのからまわりぶりが他人事ではない。
あんなにエマさんのことが好きなのに、やっぱり次作では…。

あとサラに騙されるカツも可哀相だったなあ。
いやー、本当に女はおっかねー。
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

アストロ球団 第八球(前編)

たまっていた「アストロ球団」を第六球前編から第八球前編まで、イッキに見たらド疲れた。

ダイナマイト拳て仮面ライダー王蛇じゃねーか。
しかも球四郎を守るために、あっさり負傷退場しちゃうし。
その代わりに途中出場してくれるのが、バロン森。
それが、金髪のヅラをつけた元光GENJIの大沢樹生だったんで、テレビの前で爆笑。
元アイドルも背に腹はかえられず、イロモノ役も引き受けたというわけか。
しかし、これが以外と好演なんだよなあ。
このバロン森というのは、原作同様オカマなんだが、本人ものって演じているのが伝わってくる。

さてさて、もうメチャクチャなこの作品、やはり今世紀最大の快作だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー

爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー
特撮(映像) 西興一朗 冨田翔
B00016ZP9O

「爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー」を見た。

久々に見るハリケンジャーの面々。
鷹介、吼太、一甲の髪型が変わってる。

フラビージョとウェンディーヌが生きていて、邪忍イーガとかいう奴を復活させる。
それをハリケンジャーとアバレンジャーが協力して倒すという話。
敵に変身を封印されてしまうので、変身なしで戦うシーンが多くてグッド。

そして、みんながピンチになったときに緑色のあのお方が…。
お久しぶりです、師匠!
涙なしには見られません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

名作平積み大作戦

録画しといた10月29日放送のNHKBS「名作平積み大作戦」を見る。
テーマは「ロボット」、プレゼンターが大森望と江川達也だった。

大森望が紹介したのが、メアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」。
今のロボットの元祖は、これだということだ。
作者が若い女性というのは、はじめて知った。

江川達也が紹介したのは、安部公房の「R62号の発明」。
こちらは、自殺しようとしていた人を連れてきて、ロボットに改造してしまうという話。
そして指令を与えるリモコンが草笛の音色というんだから、まるでキカイダーみたいだ。

どちらも未読だったがなんだか読みたくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »