« 「ミステリ・オペラ」 | トップページ | 爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー »

2005/11/03

名作平積み大作戦

録画しといた10月29日放送のNHKBS「名作平積み大作戦」を見る。
テーマは「ロボット」、プレゼンターが大森望と江川達也だった。

大森望が紹介したのが、メアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」。
今のロボットの元祖は、これだということだ。
作者が若い女性というのは、はじめて知った。

江川達也が紹介したのは、安部公房の「R62号の発明」。
こちらは、自殺しようとしていた人を連れてきて、ロボットに改造してしまうという話。
そして指令を与えるリモコンが草笛の音色というんだから、まるでキカイダーみたいだ。

どちらも未読だったがなんだか読みたくなってきた。

|

« 「ミステリ・オペラ」 | トップページ | 爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/6865765

この記事へのトラックバック一覧です: 名作平積み大作戦:

» そもそもの存在への問いかけ@安部公房「R62号の発見・鉛の卵」 [今日、僕が学んだこと。〜一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ〜]
社会人になってビジネス書の読書全体に占める比率がとても高くなったのですが、あまり実用書に偏らないように、文学作品も最近意識して読むようにしています。学生時代は文学オンリー [続きを読む]

受信: 2005/11/21 21:12

« 「ミステリ・オペラ」 | トップページ | 爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー »