« 映画「立喰師列伝」 | トップページ | すごかったエウレカセブン »

2006/04/20

火星航路SOS

火星航路SOS
火星航路SOSE.E. スミス E.E. Smith 井上 一夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

E・E・スミス「火星航路SOS」(ハヤカワ文庫)を読んだ。
1931年の作品。

よくある美女との島流しモノの宇宙版である。
古い作品なんで、火星人や金星人が出てくるのもご愛嬌である。
そのへんを差し引いても、サバイバル小説、スペースオペラとして十分楽しめる。
火星への定期便が謎の宇宙人に襲われ、生き残った主人公の科学者スティヴンスと美女ナディアとの過酷な生活が始まる。
彼らは敵の本拠、木星に連れて行かれる途中で逃げ出し、木星の衛星ガニメデに逃げ込む。
そして残った宇宙船の部品と自分で一から作ったほかの部品を組み合わせて、なんとか地球と連絡を取れる通信機を作ろうとする。
そして、後半は壮大な宇宙戦争に突入していく。
とにかく展開が早くぐんぐん引き込まれる。
最近のSF小説は苦手という人にも、薦められる作品である。

|

« 映画「立喰師列伝」 | トップページ | すごかったエウレカセブン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/9687363

この記事へのトラックバック一覧です: 火星航路SOS:

« 映画「立喰師列伝」 | トップページ | すごかったエウレカセブン »