« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/29

DIGA DMR-EH75V-S

Panasonic DIGA BSアナログ内蔵 HDD&DVDレコーダー VHSビデオ一体型 200GB DMR-EH75V-S
B000F7IN3E

妹が使っていたDVDプレーヤー付きビデオPANASONICのNV-VP-30という機種のDVDプレーヤーの方がディスクを読み取らなくなってしまった。何度クリーニングしてもダメ。
ということで、新しいDVDプレーヤー付きビデオが欲しいというので、いっしょに近所の家電量販店に行った。
そして、どうせならHDD付きにしとけばということで、PANASONICのDIGA、DMR-EH75V-Sを買ってきた。
とりあえず、配線して初期設定開始。
音声ガイドにしたがって、電話番号の市外局番を入力すればあっというまに完了。
初心者には、やさしい作りであります。

とりあえず、今日は東芝RDシリーズで録画したDVD-R、DVD-RAMが見れるかテストしてみたが、問題なく見れた。

最近東芝のRDシリーズは、評判悪いみたいなんで、おれも次は他メーカーにしようかな。
でもあの編集機能は捨てがたいんだよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/26

買うものがない

最近本当に物欲が減退している。
大型テレビを買おうと思うのだが、そのたびに「まだまだ安くなるよ」という天の声が聞こえてくる。
そもそも、買っても見るソースがない。
おれが好きな古いアニメや映画は、リマスタリングしたところで画質はたいしたことないし。

録画機器も過渡期でこれといって欲しいものがない。
ここ数年は毎年東芝のRDシリーズを買い足していたのだが。
もうすぐ出るソニーのHDD付きBDレコーダーも1層にしか対応してないようなので、買う気が失せた。

DVDソフトも今年は、1枚も買ってない。
ファーストガンダムのDVDもどうせ見ないだろうと予約しなかった。

そのうちまたブルレイが普及してくれば、物欲に火がつくかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/15

セーラー服と仮面ライダーカブト

13日から、ドラマ「セーラー服と機関銃」がはじまった。
やはり長澤まさみがいい。
泣かせる演技からコミカルな演技までなにをやらせてもうまい。

問題は、本田博太郎。
演技パターンが「仮面ライダーカブト」と同じなのである。
ついつい「カブト」を見ているのかと錯覚してしまうのである。
初回は、あんまり出番がないのでよかったが、これから出番が増えたときが不安だよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/14

キモメンでよかった

知人が亡くなった。
最後は精神的に少しおかしくなっていた。

思いおこせば、なかなかイケメンだっただけに女に翻弄された人生だった。
最初の奥さんには裏切られ離婚。
次の奥さんとは、死別。
それが元で精神を病んだ。

こう考えるとおれみたいにキモメンで、女に縁が無いのもそれはそれで幸せなのかもしれない。
最底辺の幸せだけど。

この前も本屋のレジのおねえさんに気持ち悪そうにおつりを渡されました。
キモメンは、おつりがないようにお金を払えってことでつねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/03

ソニーHDD内臓BDレコーダーを発売

ソニーがついにHDD内臓BDレコーダーを発売。
HDD容量が大きい方でも500GBと少ないのが不満だが、久々に物欲をそそる製品である。
いまから節約してためますか30万円。
しかし、いまだにテレビは14インチなわけだがw

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20061003/sony1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

新田次郎「孤高の人」

孤高の人 (上巻)
新田 次郎
4101122032

新田次郎「孤高の人」を読んだ。
実在の登山家、加藤文太郎を描いた小説である。
登山が金持ちの道楽であった昭和初期において、会社に勤めながら山に登る社会人登山家の魁となった人である。
神港造船所の技術研修生時代に登山に目覚めた彼は、会社に入社するなり将来ヒマラヤに行くために貯金をはじめてしまうぐらい、山のことしか考えてない人なのである。
そして、みんなが遠慮してなかなか取りづらい有給休暇を全て使って、冬山登山をするのである。
会社の上司も、加藤君ならしょうがないと許してくれる。
それは彼がふだん、誰よりも早く出社し人一倍仕事にも精をだしているからでもある。
このへん、バンド(演劇でもいいが)活動に支障が出るから、正社員にはなれないとか言ってちゃらちゃらしている、お兄ちゃんたちにも見習ってほしいところである。
また、ヒマラヤ貯金のため服は買わないし、同僚との飲み会にも参加しない。当然女にももてない。
まさしく孤高の人なのである。
しかし、その生き方はあきれるほどすがすがしい。
彼の視線の先には、常にヒマラヤという大きな目標があるからである。
その脇目もふらない生き方は、何かをやりとげたいと思っている人には、とても参考になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »