« 小説の読み書き | トップページ | ジャンヌ・ダルクまたはロメ »

2006/11/09

おれもいつもイジメられていた

おれも小学生のころはいじめられっ子だった。
小学生時代K君(本当はこんな奴はどうなってもいいんで実名で書いてやりたいが、そのうち仕返ししてやるかもしれないので、逃げられても困る)という子にずっといじめられたいた。学区が分かれたおかげで、違う学校になれたからよかったが、中学もいっしょだったらおれも自殺していたかもしれない。
いつも休み時間になると、みんなの前でパンツを脱がされていた。
夏になると一日に一匹カブトムシを持ってくるように要求され、持って行かないと殴られた。
プロレス技の練習台にされていた。

もう朝になると憂うつでどうにか仮病をつかって、学校を休もうとしていた。
今でも思い出すとはらわたが煮えくりかえってくる。
もし、居場所が分れば、すぐに殺してやりたいぐらいだ。

今誰かをいじめている奴に告ぐ。
明日の夜道は気をつけろ。

いじめられてる奴にだって根性がある奴はいる。
だまって自殺する奴ばかりではないはずだ。
逆ギレして、いつ復讐鬼に変わらないとも限らないのだから…

|

« 小説の読み書き | トップページ | ジャンヌ・ダルクまたはロメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/12625475

この記事へのトラックバック一覧です: おれもいつもイジメられていた:

« 小説の読み書き | トップページ | ジャンヌ・ダルクまたはロメ »