« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/13

オタク論!

オタク論!オタク論!
唐沢 俊一 岡田 斗司夫

創出版 2007-04-23
売り上げランキング : 2634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

唐沢俊一と岡田斗司夫の対談集「オタク論!」を読んだ。

唐沢俊一と岡田斗司夫が「創」という月刊誌で対談したものをまとめた本である。
テーマは、秋葉原、オタクの老後、コミケ、ミクシィ、本田透、腐女子、萌えなど幅広い。

この本を読んで感じることは、世間の「オタク」感と我々の「オタク」感の差ということだろう。
世間では、完全に「オタク」イコール「萌え」ということになってしまった。
しかし、実際にはミリタリーや鉄道など多彩なオタクがいるわけで、「オタク」はそんな狭い定義を顕すものではなかったはずだ。

また、オタクが個人のアイデンティティーとなってしまった今、ある程度覚悟をもった人間しかオタクたりえなかった時代を経て、今ではかなりゆるい人間(オレも含めて)もオタクを名乗るようになってしまった。
そういう奴らは、おれはこれが好き、あれが嫌いでしか、語れないのでオタク文化全体が地盤沈下を起こして、本来の意味での「オタク」は、死んでしまったのではないかという論も展開される。

さて、オタクがこれからどうなって行くのか、世間から気持ち悪がられたころの方が、オタクたちに一体感もあって幸せだったと思うのはオレだけか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/12

予約録画が簡単、REGZA32H2000

TOSHIBA REGZA 32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンHDD300GB内蔵 液晶テレビ 32H2000TOSHIBA REGZA 32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンHDD300GB内蔵 液晶テレビ 32H2000

東芝 2006-10-30
売り上げランキング : 18762

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うちの実家のテレビが調子が悪かったので、1月に妹と家電量販店に買いに行った。
妹は、SHARPのAQUOSが欲しかったみたいなのだが、東芝厨のオレがこちらを薦めたのである。
しかし、妹は買って大満足みたいだ。
なにしろ、録画ができるし、予約方法も機械が苦手な妹にも楽々なのである。
録画したものをDVDに焼いたりせずに、見たら消してしまうという人は、液晶テレビとHDD付DVDレコーダーを別々に買うよりこのテレビを買ったほうがいいと思う。

画質もスポーツ放送などでも残像が気にならないし、他の番組でも奥行きのある画質である。
ただ、スピーカーの音はいまいちかもしれない。
買って4ヶ月たつが、不具合はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/05

喪男小説の極致

忌中忌中
車谷 長吉

文藝春秋 2006-10
売り上げランキング : 84144

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

車谷長吉「忌中」に収録の短編「神の花嫁」がいい。

主人公は友人の紹介で、「神の花嫁」のような美貌の女性茉莉子と知り合い好きになるが、結局結ばれない。
失意の主人公は、人形萌えに走ってしまう。
その人形萌えの仕方が普通ではない。
どこへ行くにも連れて歩くのである。そしていっしょに寝るのである。
喪男の苦しみを描いた傑作である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society
士郎正宗 神山健治 田中敦子

バンダイビジュアル 2006-11-24
売り上げランキング : 302

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」を見た。

STAND ALONE COMPLEX 2nd GIGから2年後が舞台。
少佐が9課を去り、トグサがリーダーになっている。

9課が連続自殺事件を追っているうちに、その黒幕「傀儡廻」が浮かび上がる。
捜査中に少佐に接触したバトーは、少佐が傀儡廻の正体だと疑うが…。
ついに9課VS少佐の激突か?

今回は、テレビシリーズと違い、100分に話をまとめなければならなかったために、敵側の描き方が薄いが、その辺はしょうがないのかもしれない。

やはりというか終盤は、タチコマ君たちも大活躍のアクションシーンで盛り上がる。

今、日本の刑事モノではこのシリーズが一番面白い。
「太陽にほえろ」みたいな大シリーズになってほしい。
殉職は真似してほしくないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

喪男の哲学史

喪男の哲学史喪男の哲学史
本田 透

講談社 2006-12-20
売り上げランキング : 6488

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いやー、いい天気が続いて絶好の読書日和ですな。
こういうときは、日向で読書すると日焼けもできて一石二鳥だ。
そして、連休明けに職場で、いい具合に焼けてますな、どこか行ったんですか、と聞かれたら言葉を濁しておけば相手は勝手に勘違いしてくれるだろう。

本田透先生の「喪男の哲学史」を読了。
偉大な思想家たちはみんなキモメンで喪男だった。

一生独身でリアルな少女人形をそばに置いていたデカルト、ロリコン少女と婚約したものの逃げ出したキルケゴール、ルー・サロメという変な女に玩ばれてしまうニーチェなど、悲しいエピソードの数々。
こんな偉大な先人たちに学んで本田先生の出した結論は、やはり二次元に萌えろということでした。
孤立して二次元世界にはばたけということなのです。

だから私もこうして連休中も外出せずに諸星大二郎のマンガを読み、特撮のビデオを見ているわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/01

快進撃続くジュンク堂

昨日のテレビ東京の「カンブリア宮殿」にジュンク堂の工藤社長が出演した。
成長の秘密は、徹底した放任主義にあるという。
そりゃあ、好きに棚を作っていいなら店員は喜んで仕事をするよな。
どこの大書店も金太郎飴みたいな品揃えで面白みに欠けるが、ジュンク堂に行くと変な本がたくさんある。
昔は、そういうマニアックな書店というと書泉だったのだが、最近なんか活気がないような気がする。
コスト削減のために、正社員を減らしているのかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »