« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/31

僕たちのウルトラセブン 40年目の同窓会

昨日30日の午前10時25分からTBSで「僕たちのウルトラセブン 40年目の同窓会」という番組が放送された。

案内役はGUYSのアマノコノミ隊員。
ゲストは、森次晃嗣、ひし美ゆり子、毒蝮三太夫、満田監督。

短いけど、撮影の裏話などが聞けてなかなか面白い番組だった。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007/07/22

怪奇大作戦 セカンドファイル「昭和幻燈小路」

怪奇大作戦セカンドファイル第2話「昭和幻燈小路」。

実相寺昭雄が、亡くなる前にこの第2話の脚本を途中まで書いてたらしい。
男の妄想が現実を侵食してしまうという実相時が好きなモチーフである。

実相時昭雄は監督したウルトラマンティガの「夢」でも似たような話を作っていて、女に振られた男が怒りで夢の中で怪獣を暴れさせたら、現実世界に怪獣が出現してしまうという、喪男ドラマの佳作になっていた。

SRIのメンバーがどうにも小粒。
特に牧役の西島秀俊は、岸田森に遠く及ばない。
それでも、怪奇大作戦らしさは出ていたか。

怪奇大作戦もほとんどの話が、人間の妄念が不思議な事件を起こすという話だったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/18

「パッチワーク・プラネット」

パッチワーク・プラネットパッチワーク・プラネット
アン タイラー Anne Tyler 中野 恵津子

文藝春秋 1999-03
売り上げランキング : 180853

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アン・タイラー「パッチワーク・プラネット」読了。

「本の雑誌」8月号の豊﨑由美と牧眞司の対談「文学を読むとダメ大人になる!?」の中で豊﨑由美が言っているのだが、海外文学の読者は3000人だそうだ。
まあ、そうだろうなあ。
最近本屋に行っても、立ち読みしている人やマンガを買っている人は見かけるが、小説ましてや海外小説を買っている人なんて見たことない。

この小説、30過ぎのダメ男のダメな日常をたんたんと描いたもの。
凡庸な小説家だともうドラマの作りようがない設定。
そこを、うまく読ませる小説に仕上げた作者はすごい。

主人公が勤める会社は、ちょっとした頼まれ仕事を何でも請け負うのが仕事。
仕事を頼んでくるのは主に老人。
主人公は、老人たちに絶大な信頼を得ているのだが、自分でダメな奴だと思い込んでいる。
その彼の視点から家族や老人たちの生活が描かれている。

普通の小説だと老いるのも悪くないみたいな書き方をしているが、この小説を読むと老いるのが怖くなるような身も蓋もない書き方をしている。

まあ、読後感はさわやかだが胸に何かじわっとした感じが残る不思議な小説である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/17

レコードも聞けた

KENWOODのアンプKA-4040RにレコードプレーヤーLo-DのH-T464をつなぐ。
こちらもちゃんと音が出た。
やっぱりちゃんとしたスピーカーが欲しくなった。
BOSEの101MMあたりですかね。

さて、これで夏はレコードでアイドルソングを聴きまくるぜ。
芹沢直美とか伊藤美紀とか仁藤優子とかetc
書いているときりがないのでもう寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

復活のKA-4040R

長年ほったらかしにしていたアンプKENWOODのKA-4040Rをひっぱりだしてきた。
これにPIONEERのレーザーディスクプレーヤーCLD-01をCDプレーヤーがわりにつなぎ、スピーカーはPanasonicSC-NSMD50-Hというミニコンのもの。
ソースは、trfの「dance to positeve」というCD。
とりあえず音は出た。

しかし、音質はモコモコしてだめだ。
やはり、ミニコンのスピーカーではどうしようもない。
新しいスピーカーを買う気力もないが。

明日は、レコードプレーヤーをつなげてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/15

日本ではこういう映画は作れない

誰にでも秘密がある スタンダード・バージョン誰にでも秘密がある スタンダード・バージョン
イ・ビョンホン チャン・ヒョンス チェ・ジウ

アミューズソフトエンタテインメント 2006-06-23
売り上げランキング : 22235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画「誰にでも秘密がある」を見た。
イ・ビョンホン主演の恋愛コメディ。

主婦の長女、処女の次女、奔放な三女の三姉妹が一人の男に翻弄される。
なかなか凝った脚本だ。
笑えるんだけど、最後まで見ると「本当の愛とは」という奥深いテーマが潜んでいることに気づく。

最近の日本の映画というと難病モノとマンガの実写化しかなく、いかにも子供だましだ。
こういう大人向けの映画を作らないと、邦画ブームも長くは続かないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/08

また美形ガンダムかよ!

ガンダムの新シリーズ「ガンダムOO」の予告編がバンダイチャンネルで見ることができる。
柳の下のどじょうを狙ったのか、また美形キャラがたくさん登場するらしい。

予算があるなら、そろそろ冥土のみやげに富野御大にもう1作ぐらい自由に作らせてやったらと思うのだが。
十分バンダイビジュアルに貢献したと思うけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

超遠距離恋愛「ほしのこえ」

ほしのこえ(サービスプライス版)ほしのこえ(サービスプライス版)
新海誠 武藤寿美 鈴木千尋

ビデオメーカー 2006-11-17
売り上げランキング : 688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NHK-BSで放送されたアニメ「ほしのこえ」を見た。
新海監督は、学校の制服姿の女の子がロボットに乗るシーンの絵が描きたくてこの作品を作ったのがよくわかる。
彼女が乗る宇宙船が遠ざかるにつれて、メールが届くまでの時間がかかるようになる。
メールが届くまで8年。
あなたは、そんなに長い間会えない人を愛し続けられますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »