« 「パッチワーク・プラネット」 | トップページ | 僕たちのウルトラセブン 40年目の同窓会 »

2007/07/22

怪奇大作戦 セカンドファイル「昭和幻燈小路」

怪奇大作戦セカンドファイル第2話「昭和幻燈小路」。

実相寺昭雄が、亡くなる前にこの第2話の脚本を途中まで書いてたらしい。
男の妄想が現実を侵食してしまうという実相時が好きなモチーフである。

実相時昭雄は監督したウルトラマンティガの「夢」でも似たような話を作っていて、女に振られた男が怒りで夢の中で怪獣を暴れさせたら、現実世界に怪獣が出現してしまうという、喪男ドラマの佳作になっていた。

SRIのメンバーがどうにも小粒。
特に牧役の西島秀俊は、岸田森に遠く及ばない。
それでも、怪奇大作戦らしさは出ていたか。

怪奇大作戦もほとんどの話が、人間の妄念が不思議な事件を起こすという話だったし。

|

« 「パッチワーク・プラネット」 | トップページ | 僕たちのウルトラセブン 40年目の同窓会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/15848878

この記事へのトラックバック一覧です: 怪奇大作戦 セカンドファイル「昭和幻燈小路」:

« 「パッチワーク・プラネット」 | トップページ | 僕たちのウルトラセブン 40年目の同窓会 »