« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/27

2時間ドラマの方が正しいのだ

悪魔の手毬唄
石坂浩二 岸恵子 仁科明子
B0001W8HTS

映画「悪魔の手毬歌」を見た。

最近の2時間ドラマは、葬儀屋とかツアーコンダクターとか素人探偵が事件を解決しちゃうものが多い。
なぜそんな奴が主役なんだと思っていたが、よく考えるとそっちの方が正しいのだ。

金田一耕助は、毎度毎度数々の難事件を解決した名探偵ということで、現場に乗り込んでくるのだが、なかなか真犯人を見つけられない。
映画を見ている我々から見れば、ただのぼんくらである。

それにひきかえ、素人探偵ものなら、なかなか真犯人が見つけられなくても、しょうがないなあ、プロじゃないんだしと視聴者も納得できるわけである。

さてこの映画の感想なのだが、もう我々の年代だと小林昭二や若山富三郎が出てくるだけで、感涙なのである。
特に旅館の未亡人を、数十年にわたって思い続ける若山富三郎演じる老刑事のあまりの喪男ぶりに泣けてくるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/24

キモメンは息もするなということか

B000KIX658ゆれる
オダギリジョー 香川照之 伊武雅刀
バンダイビジュアル 2007-02-23

by G-Tools

映画「ゆれる」を見た。

親のガソリンスタンドを手伝う真面目なキモメン男、そこのバイトの女。
男の親は二人が結婚してほしいと願っていた。

そこに都会で成功したカメラマンのイケメンな弟が帰ってくる。
当然そちらになびく女。

それを知ってあせる男は、三人で出かけた峡谷の吊り橋で、こわさのあまり女にしがみついてしまう。
「さわらないで」と拒絶され、女をつきとばしてしまい…。

女が死亡した後、裁判が進行していくが、その過程で兄弟のゆれる心、ゆれる記憶がていねいに描かれていく。

しかし、帰郷しただけで女が死んでしまうとは、やはりイケメンはおそろしい。
それにひきかえ、キモメンは恋愛をするな、女を好きになるな、息もするなということですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/23

チャングムにどんどんはまる

宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX I宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX I
イ・ヨンエ チ・ジニ ホン・リナ

バップ 2005-04-21
売り上げランキング : 1562

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NHK-BSでやっているドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」にはまっている。

苦難にじっと耐えるチャングム役のイ・ヨンエ様に萌え~ですよ。
特に横暴な相手に対し、言いたいことも言えず涙目で耐えているシーンがいいんですよ。

しかし、現代の日本ではこのようなけなげな女性は壊滅してしまいましたな。
かといって、このドラマを作った韓国でも女は言いたいことははっきり言うというし。

もう現実ワールドはどうでもいいっす。
週末は、このドラマを見て現実逃避ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/12

首相辞任より円谷プロ身売りの方が大ニュースだ

安倍首相が辞任した。

だが、オタクにとっては円谷プロ身売りの方が大ニュースだ。
それもたったの8000万の第三者割当増資を引き受けてもらうだけというからしょぼい。
全国の特撮オタに呼びかければ、そのぐらいの金は募金で集まったと思うが。

さて秋からの新番組ウルトラセブンXはどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/10

終電カード・ゼロ

仮面ライダー電王第32話「終電カード・ゼロ」

ついに侑斗の持つカードが無くなってしまった。
もうゼロノスは出てこないのか?
そんなことはないと思うけど。

しかし、てんこ盛り電王クライマックスフォームがかっこ悪いと思うのはオレだけか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/09

Pink Lady X 「恋の診察室’97」

恋の診察室’97恋の診察室’97
Pink Lady X

トライエム 1996-11-05
売り上げランキング : 426267

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

誰も知らない名曲シリーズ1。
今回はPink Lady Xの「恋の診察室’97」。

歌っているPink Lady Xについては、おれも良く知らない。
ただ、曲は名曲である。
歌詞は、本家ピンクレディーよりさらにエッチ。
一度聞くとクラクラして、しばらくメロディーが頭から離れない。

元気がないときに聞くと、無駄に元気が出てくるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »