« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/31

輝くもの天より墜ち

輝くもの天より墜ち (ハヤカワ文庫 SF テ 3-6)
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 浅倉 久志
4150116237

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「輝くもの天より墜ち」を読んだ。

年末年始に読むのにふさわしい分厚いSF。
大掃除の合い間に読んでいたら、掃除そっちのけになっちまった。

銀河辺境の惑星に、破壊された星のガスが通過するときに生じるオーロラ現象を見学しようと観光客がやってくる。
だがその者たちのなかに邪悪なたくらみをもつ者がいた。

狭い基地を舞台にした、命のやりとりの緊張感。
そしてついに起こってしまう悲劇。

人生とは何なのかを考えさせてくれるSFである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/30

上意討ち 拝領妻始末

上意討ち-拝領妻始末-上意討ち-拝領妻始末-
三船敏郎 加藤剛 小林正樹

東宝ビデオ 2004-12-23
売り上げランキング : 15855

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画「上意討ち 拝領妻始末」を見た。
監督:小林正樹 脚本:橋本忍

バカ殿様(松村達雄)が自分の意に染まぬ側室おいち(司葉子)を、息子与五郎(加藤剛)の嫁として迎えるように家来笹原伊三郎(三船敏郎)に側用人高橋外記を通して命じてくる。
当然最初は、拒否するが息子与五郎はこの藩命を受け入れるという。
そして二人が結婚してみると、嫁の人柄は良く、二人は仲睦まじい夫婦となり、やがて娘が生まれる。
しかし、そこで悲劇が起きる。
藩の世継ぎである嫡子が死亡したため、側室おいちが生んだ菊千代が世継ぎ候補になる。
世継ぎの母親が家来の妻では具合が悪かろうと、おいちは大奥に戻れとの藩命が下される。

なんかすごい話だ。
しかし、どんな理不尽な命令でも上意であれば従わなければならないのが武家社会。
現代なら、社命が嫌ならやめてしまえばいんだが、江戸時代では一度浪人となったら仕官は絶望的。
本来なら、家を守るために唯々諾々と藩命に従わなければならないのだが、さすがはやるときはやる男三船敏郎。
上意に逆らい、藩に喧嘩を売ってみせる。

この映画が残念なのは、男はかっこよく撮れているのに、監督が興味ないのか司葉子があまりきれいに撮れていないこと。もう少しなんとかならなかったんですか。

でも三船敏郎の凄味がよく出ていて、「用心棒」、「椿三十郎」よりこっちが好きかも。
ライバル役は、この作品も仲代達矢だし、三本まとめて見るのがおすすめか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/27

老人のみなさん来年は地獄です

来年度から始まるという後期高齢者医療制度。
75歳以上の人は、年金から有無を言わさず月々約6000円を天引きされる。
ただでさえ、諸物価が上昇しているというのに、介護保険料と合わせて月々1万円が年金から天引きされるのだから、たまったものではない。
年金を払えませんとは言えない国が考えた荒技。
厚生年金の人はもちこたえられるとしても国民年金の人には死ねと言っているのと同じ。

これも老人のみなさんが熱狂的に支持した小泉さんの「改革」の「恩恵」です。
おおいに前回の衆議院選挙のときの自分の投票を悔やんで、歯ぎしりしながら余生をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

げんしけん

げんしけん―THE SOCIETY FOR THE STUDY OF MODERN VISUAL CULTURE (9) (アフタヌーンKC (1183))げんしけん―THE SOCIETY FOR THE STUDY OF MODERN VISUAL CULTURE (9) (アフタヌーンKC (1183))
木尾 士目

講談社 2006-12-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近のマンガで一番好きなのがやっぱり「げんしけん」
アニメの「げんしけん2」も楽しく見ている。
青春群像劇として素晴らしい。
最近のドラマだとここまでのレベルのものはまず作れないだろう。
主人公笹原をじっくり描きつつ、コスプレオタク田中大野コンビなどのサブキャラ陣が充実している。
そしてなんといっても秀逸なのは、斑目というキャラを配置したことだろう。
主人公以上のへたれオタクであり、無為な学生生活を送りつつ、就職活動ではあたふたするという、今までの日本で100万人以上が同じ道をたどったであろうオタク青年が投影されたキャラである。
そしておれも当然斑目に感情移入しつつ読んだわけである。

えっ?笹原ですか?
あんな彼女作っちゃうような奴オタクじゃありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

「結婚」でつまづいた。

アルファルファモザイクを見ていたらこんな記事が↓

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51192481.html

「結婚」でつまずいた。

今年の3月、一年付き合った彼女に「結婚してください」とプロポーズ。
彼女は「嬉しい!」と喜んでくれた。
六月に式を挙げるので、式の日取りを彼女の両親と相談。
そこで彼女から「今後の生活の設計を二人で立てたいから、
ボーナスと月給の明細を見せっこしよう」と言われたので、明細を渡した。
それから一週間。彼女の両親から携帯に直接電話が掛かってきた。
電話で「あなたの将来が無いとは言わないけれど、
毎月の給料が手取り36万じゃ安すぎません?あなた32歳だったわね?
ウチの娘を食べさせていけるの?結婚はままごとじゃないのよ。
とにかく結婚は延期してくださる?」そうまくしたてられ、電話が切れた。

*******************************
すげー。
ここまできたか。
親娘そろってスイーツ脳かよ!

結婚しても、夏冬には海外旅行とか夢みたいなこと考えてるのか?

久しぶりに日本人の精神の荒廃ぶりに絶望した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/12/15

仮面ライダー威吹鬼VSギャレン

妹が録画した番組をたまたまいっしょに見ていたら、信じられない光景が。
仮面ライダー威吹鬼(渋江譲二)とギャレン(天野浩成)の共演が見られるとは。
TBSの昼ドラ「愛のうた」の中のひとコマ。
渋江君は、毎回登場するが、橘(天野)さんはたまに出てくる。

しかし、おれにとってはイケメン俳優より、なんといっても花梨ちゃん役の子役、三好杏依ちゃんがかわいいので、最近ついつい見てしまうのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/02

韓国経済破綻か?

「今の韓国・北朝鮮」がわかる本―本当はヤバイ韓国経済!世界の最貧国北朝鮮の実体! (知的生きかた文庫 し 37-1)「今の韓国・北朝鮮」がわかる本―本当はヤバイ韓国経済!世界の最貧国北朝鮮の実体! (知的生きかた文庫 し 37-1)
重村 智計

三笠書房 2007-10
売り上げランキング : 73956

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

重村智計「今の韓国・北朝鮮がわかる本」を読んだ。

韓国の大統領選がはじまった。
盧武鉉大統領の経済政策失敗によって、韓国経済はボロボロになってしまった。
輸出がGDPの70%を占める国でウォン高が進行しているのだから、これからもどんどん景気は悪くなる一方だろう。
ともかく誰が当選しても、ここ数年は、韓国にとって激動の時代となるだろう。

重村氏のこの本は現在の韓国、北朝鮮の状況について、わかりやすく解説している。
韓国大統領選にからめて、あまり知られていない韓国の出身地差別などが語られていて興味深い。
また、小泉前首相が拉致被害者全員の返還を求めたら、北朝鮮は応じる可能性があったのに、求めなかったのは失敗だったと、はっきり断罪している。

大統領戦後韓国がどうなるか、しばらく目が離せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »