« 上意討ち 拝領妻始末 | トップページ | 忠臣蔵 花の巻 雪の巻 »

2007/12/31

輝くもの天より墜ち

輝くもの天より墜ち (ハヤカワ文庫 SF テ 3-6)
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 浅倉 久志
4150116237

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「輝くもの天より墜ち」を読んだ。

年末年始に読むのにふさわしい分厚いSF。
大掃除の合い間に読んでいたら、掃除そっちのけになっちまった。

銀河辺境の惑星に、破壊された星のガスが通過するときに生じるオーロラ現象を見学しようと観光客がやってくる。
だがその者たちのなかに邪悪なたくらみをもつ者がいた。

狭い基地を舞台にした、命のやりとりの緊張感。
そしてついに起こってしまう悲劇。

人生とは何なのかを考えさせてくれるSFである。

|

« 上意討ち 拝領妻始末 | トップページ | 忠臣蔵 花の巻 雪の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/17538386

この記事へのトラックバック一覧です: 輝くもの天より墜ち:

« 上意討ち 拝領妻始末 | トップページ | 忠臣蔵 花の巻 雪の巻 »