« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/27

四十七人の刺客

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)
池宮 彰一郎
4043687036

池宮彰一郎「四十七人の刺客」を再読した。

赤穂事件には、徳川将軍家の跡継ぎ問題が深く関係している。
なぜ喧嘩両成敗とならず、ろくな取調べもせずに、浅野家だけ取り潰されたのか?
吉良家から養子をもらっていた上杉家は、かつて将軍綱吉の娘鶴姫と紀州家の綱教の婚姻の成立を裏で助けたことがあった。
上杉家の当主綱憲の奥方が紀州家から嫁いだ為姫だったからである。
こうして将軍家に恩を売っていたから、吉良びいきの判決が出たのである。
即刻処断すれば、死人に口無し、田舎の小藩など恐れるにたらず、と将軍の側用人柳沢吉保は、浅野内匠頭に即日のうちに切腹を命じる。
しかし、これが後で裏目に出る。

浅野家の家老大石内蔵助は、取調べがされなかったことを幸いとして、内匠頭が刃傷に及んだ理由は、吉良上野介が賄賂の要求をしたからだと、金をばらまき江戸中に噂を流す。
塩相場で築いた莫大な金と藩士の協力により、取り潰された田舎の小藩が、意外な意地を見せる。
それに当代きっての切れ者と噂が高い、上杉家家老色部又四郎が立ち向かう。

最後に勝つのは、金持ちの赤穂か、貧乏だが武門の名門上杉家か?
忠臣蔵とは、武の激突だけでなく、経済力の戦いでもあったのだ。

続きを読む "四十七人の刺客"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/24

知れば知るほどつまらない「忠臣蔵」

忠臣蔵―赤穂事件・史実の肉声 (ちくま学芸文庫 ノ 1-3)
野口 武彦
4480091092

野口武彦「忠臣蔵 赤穂事件史実の肉声」を読んだ。

史実としての「忠臣蔵」について書かれた本である。
忠臣蔵のゆるいファンにはあまりおすすめできない。
いろいろと幻想が打ち破られるからである。

そもそも刃傷事件が起こったのは、松の廊下ではなかったのではないかとか、浅野内匠頭はそのとき「この間の遺恨覚えたか」などど言ってなく、ただ意味の聞き取れないわめき声を上げながら斬りかかったとか、有名な内匠頭の辞世の句「風さそう~」も後世の偽作であるとか、読めば読むほどエンターテイメントとして作られた「忠臣蔵」にどっぷりはまった我々にはショックの連続なのである。

それでも、真実にせまりたいという人は読んで欲しい。
「忠臣蔵」の見方を変えてくれる本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/23

見たかった本当の「電王」

仮面ライダー電王が終了した。
良くまとまった終わり方だった。
いつもライダーシリーズは風呂敷を広げすぎるので、最後はつじつまが合わなくなって、変な終わり方になることも多いので、電王はまずまずの成功と言えるだろう。

しかし、ハナ役の白鳥百合子が途中降板したためにストーリーの大幅変更を余儀なくされたという。
本来の電王は、どういう物語だったのか。
そちらも見たかった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/03

忠臣蔵 花の巻 雪の巻

B00069BMAC忠臣蔵 花の巻・雪の巻
松本幸四郎(八代目) 加山雄三 三船敏郎
東宝ビデオ 2004-12-23

by G-Tools

映画「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」を見た。
監督:稲垣浩 脚本:八住利雄

あけましておめでとうございます。
今年もただただ惰性で生きてまいります。

とりあえず、今年はじめに見たのは「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」
見終わったら、脇役の三船敏郎が一番印象に残るという恐ろしい映画である。
というか、三船を脇役で使っちゃだめでしょう。
主役を食うのは目に見えているんだから。
しかも三船が演じているのが四十七士ならともかく、浪曲や講談で有名な架空の人物俵星玄蕃ですから。

でも佐藤允や平田昭彦や志村喬などおれの好きな役者がたくさん出てきて、もうお腹いっぱい。
やっぱり忠臣蔵は、たくさん作られているだけに、どの役者がどの役をどう演じるのかを見比べて見るのが面白いと言えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »