« 「男はつらいよ」40周年 | トップページ | 世の中が嫌になったら本を読め »

2008/05/31

極辛作品の洗礼を受けよ

どうも最近の若者は、甘ちゃんでいけねえ。
簡単に人を信じて騙されるし、ちょっとしたことですぐ挫折する。

これはどうも、日頃見ているエンタメが甘っちょろすぎるのが原因かもしれない。
予定調和の「ごくせん」とかを見ている場合ではない。

やはり、おすすめは「ザンボット3」だろう。
主人公たち、神ファミリーは地球をガイゾックの侵略から守るため戦うが、逆にお前らがいるから敵が攻めて来る、地球から出て行けと理不尽な非難を受ける。
それでも、涙を流しながら、地球を守るため戦う神ファミリー。
一人、又一人と散っていき、最後に敵の正体を知ったときの絶望感。

おれは中学生のとき見ていたが、「フランダースの犬」以来の衝撃の結末だった。
もっともこちらの方が救いはあるのだが。

無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】
無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】

|

« 「男はつらいよ」40周年 | トップページ | 世の中が嫌になったら本を読め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/41381222

この記事へのトラックバック一覧です: 極辛作品の洗礼を受けよ:

« 「男はつらいよ」40周年 | トップページ | 世の中が嫌になったら本を読め »