« ニート>>>大臣 | トップページ | まんが道 青春編 »

2008/08/11

押井守「凡人として生きるということ」

凡人として生きるということ (幻冬舎新書 (お-5-1))凡人として生きるということ (幻冬舎新書 (お-5-1))
押井 守

幻冬舎 2008-07
売り上げランキング : 221

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

押井守「凡人として生きるということ」(幻冬舎新書)を読んだ。

押井守は、自分が映画監督になれたのは、映画が好きだったからだという。
「恋愛や遊びや、青春のすべてを犠牲にしてでも映画を見るほど、映画が好きだった」というほど本当に好きだったのだ。
だから、凡人は何かに情熱を持てという。
情熱さえあれば、貧乏も苦難も乗り越えられると。

もう少し、はやくこの本を書いてほしかった。
今まで読んだどんな人生論より、生きた言葉で書かれた本である。

|

« ニート>>>大臣 | トップページ | まんが道 青春編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/42139867

この記事へのトラックバック一覧です: 押井守「凡人として生きるということ」:

« ニート>>>大臣 | トップページ | まんが道 青春編 »