« 次郎長三国志 | トップページ | これで最後じゃ消化不良だ!劇場版電王 »

2008/10/19

次郎長と石松

「次郎長三国志 第三部 次郎長と石松」を見た。

すばらしい喪男映画だ。
三五郎(小泉博)を助けたことから、いっしょに旅をすることになった石松(森繁久彌)。
泊まった宿の博打場で壷を振っていたお仲さんに一目ぼれ。
酔ったお仲さんにあんたのこと好きよと言われたものだから、すっかり舞い上がってしまう。
しかし、お仲さんは酒に酔うと惚れっぽくなってしまうクセがあるだけで、本当は石松のことなんか好きではない。
いっしょに旅に出るという石松をだますために、ある作戦を思いつく。

ひゃー、やっぱり女はおっかねー。

それにひきかえ次郎長親分は、賭場開帳の罪で牢屋に入れられる。
いばりちらす、牢名主に最初はだまっていたものの…。

いよいよ面白くなってきた「次郎長三国志」。
いいもの残してくれましたマキノ監督。

|

« 次郎長三国志 | トップページ | これで最後じゃ消化不良だ!劇場版電王 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/42835275

この記事へのトラックバック一覧です: 次郎長と石松:

« 次郎長三国志 | トップページ | これで最後じゃ消化不良だ!劇場版電王 »