« リービング・ラスベガス | トップページ | Winkが一夜かぎりの復活 »

2008/12/31

今年の締めはこれで

紙屋悦子の青春 [DVD]
原田知世.永瀬正敏.本上まなみ.松岡俊介, 黒木和雄
B000N0WBFE

映画「紙屋悦子の青春」を見た。
監督:黒木和雄 主演:原田知世

昭和20年の桜の咲く直前から、桜の散るまでの一人の女性の青春の一幕。
自分が慕う明石少尉(松岡俊介)の紹介で、その友人永与(永瀬正敏)とお見合いすることになった悦子(原田知世)。
その前夜、お見合いなどのシーンが長いカット割りでつながっていく。
そこで展開される、兄夫婦役の小林薫、本上まなみや松岡、永瀬、原田の淡々とした演技。
監督がその能力を全開したのではないかと思わせるすばらしい演出。
戦争に翻弄されながらもけなげに生きた乙女のはかなさとたくましさ。
そして、この映画にこめられた静かな反戦のメッセージ。
未曾有の経済危機だろうがなんだろうが、戦争がないだけでも十分すばらしいのだと思わせてくれる。
年末に見るのにふさわしい傑作であった。

|

« リービング・ラスベガス | トップページ | Winkが一夜かぎりの復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/43588327

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の締めはこれで:

« リービング・ラスベガス | トップページ | Winkが一夜かぎりの復活 »