« 特撮ソングベスト10 その5 | トップページ | 今年の締めはこれで »

2008/12/30

リービング・ラスベガス

リービング・ラスベガス (角川文庫)
John O’Brien 小林 理子
4042698018

ジョン・オブライエン「リービング・ラスベガス」(角川文庫)を読んだ。
著者は、この一冊をだけを残して34歳で自殺したとのこと。

酒なしでは生きられないアル中と娼婦の純愛。
実際にアル中だった著者の願望か、主人公のすべてを受け入れる娼婦がまるで天使のように描かれている。
こんな女いるわけねえよなと文句を言いながら読み進める。
だが、相手が理想的すぎるゆえに自分から関係をぶちこわしてしまう主人公。
人生とは、かくも深遠なるものか。

|

« 特撮ソングベスト10 その5 | トップページ | 今年の締めはこれで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/43577672

この記事へのトラックバック一覧です: リービング・ラスベガス:

« 特撮ソングベスト10 その5 | トップページ | 今年の締めはこれで »