« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/29

日本を守る責任力wwww

自民党のマニフェストのキャッチコピーが「日本を守る責任力」だと。
今まで無責任に予算をばらまいて、国の借金を増大させた政党が、どの口で言ってんだかwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/27

仮面ライダーディケイドVS仮面ライダーBLACKRX

ついに仮面ライダーディケイド第26話にわれらの南光太郎(倉田てつを)が登場。
ライダーシリーズで2シリーズ連続で主役を務めたのは倉田てつをだけ。
おれは、ライダーシリーズではBLACKが一番好きだから、倉田てつをが出てきただけで歓喜。
BLACKは、当時の特撮ものにしては珍しく、けっこう深刻な内容で大人をもうならせるストーリー展開だった。

でも倉田てつをも老けたなあ。
メタボになってなかったのが救いだけど。

しかし、「相棒」の伊丹刑事がアポロガイストとは、なんか笑っちゃうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/26

ブックファースト秋葉原店がいつのまにか無くなっていた

このまえ、秋葉原の書泉ブックタワーで探している本が見つからず、ブックファーストに行ったところ、ユニクロになっていてびっくり。
ネットで調べたら3月19日に閉店してたんですね。
まあ、アキバに来る人にとってあくまで本はついでですから、そんなに本屋はいらないってことですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/25

ちょっと待った!REGZAにはレグザリンクがある

地デジ対応テレビを買った人、あるいはこれから買う人がレコーダーを選ぼうとするとどうしても同一メーカーでそろえたくなることだろう。
テレビCMで大々的に何度も見せられると洗脳されてしまうのもわかる。
たとえばPANASONICのビエラリンクとか。

しかーし!
東芝の液晶テレビREGZAには、レグザリンクという必殺技が搭載されているのである。
レグザとレコーダーをつなげば、テレビのリモコンでレコーダーも操作できてしまうのだ。
おれは、PANASONICのレコーダーでしか試してないが、SONYでもSHARPでも連動可能らしい。
録画リストを表示して、その中から見たい番組を再生したり、レコーダーの番組表を表示させて、録画予約したりとか、必要最低限の操作はテレビのリモコンでできてしまうのだ。

ということで、REGZAに限っていえば、レコーダーはどこのメーカーを選んでもOKということだ。
もっとも東芝がブルーレイ対応レコーダーを発売してくれれば言うことないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/19

とりあえず快調

東芝のテレビREGZA37Z8000を使って1週間。
どうにか、周辺機器の接続も終わり、いろいろと機能を試している。
特に便利なのが、USB接続のハードディスクに録画ができる機能。
REGZAを買ったときおまけでBUFFALOの500GBのハードディスクがもらえたので、これをつないである。
予約は、REGZAの番組表から選ぶだけと楽チン。

DVDも想像以上に綺麗に映って大満足。
これは、REGZAの性能なのか、再生したパナのDMR-BW850の性能なのか、すごい画質。
昨日は「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」を見たのだが、もうこれならブルーレイはいらないなと思うほどの高画質。
なんかそこに本当の人間がいるみたいな感じといいましょうか。
これで、ますます休日は外出しなくなりそうだ。
というか、365日映画だけ見て暮らしてー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/18

REGZA37Z8000を買った

【エコポイント対象商品】 TOSHIBA REGZA 37V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 37Z8000
B0026ESN2U

東芝の液晶テレビREGZA37Z8000を買った。
REGZA37Z7000を買うかどうか迷っていた頃は仕事が忙しく、とうとう買わなかった。
そうこうしているうちに新型Z8000シリーズが出てしまった。
ようやく仕事も一息ついたし、テレビを見る時間も少しは取れるだろうということで購入することにした。
どうせ地デジ環境に移行するならと、REGZAだけでなくPANASONICのブルーレイ搭載のレコーダーDIGA、DMR-BW850も購入。
レコーダーは、東芝のRD-X8と最後まで迷ったのだが、これからはブルーレイだろうと思いDIGAに決定。
あんまパナは好きなメーカーじゃないんだけど。
おれと相性がよくないのか、おれの買ったパナ商品てなぜかすぐ壊れるのよ。

悲しいことに買ったとたんに仕事が忙しくなりまだあまりいじれていない。
取り扱い説明書をあちこちとばし読みした程度で、いまいちよくわかっていない。
REGZAのネット機能に少し期待していたのだが、確かにネットサーフィンはできるが、YOUTUBEの動画が再生できない。
まあ、そんなもんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/07

シンケンジャーVS仮面ライダーディケイド

仮面ライダーディケイドの次回予告を見たらぶっとんだ。
ついに戦隊とライダーの共演が実現。
生きていてよかった。
予告では、士君が黒子になっていたが、さて両ヒーローは敵対するのか共闘するのか?
子供の夢を壊してはあれなんで、丸くおさまるんでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/04

1Q84ぐらい買ってやれ

1Q84 BOOK 1
村上 春樹
4103534222

空想書店書肆紅屋さんのブログの6月21日の記事によると、氏が行った図書館で村上春樹の「1Q84」が500人の予約待ちだという。
図書館で本を借りることが悪いことではない。
だが、この500人のうち何人かは、図書館に言っているはずである。
なぜ、人気がある本なのに、もっと数を用意しないのかと。
そうして、本来買われるはずの本の予算が削られて、図書館にベストセラーばかりが並ぶことになる。
作家が心血をそそいで書いた本である。
一冊1890円がそんなに高いだろうか。
年金暮らしならともかく、サラリーマン、OLならほんの少し節約すれば買えると思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/03

村上龍 「五分後の世界」

五分後の世界 (幻冬舎文庫)
村上 龍
4877284443

村上龍「五分後の世界」(幻冬舎文庫)を読んだ。

今の日本のダメさをうまく表現するにはどうすればいいか。
村上龍は、今の日本に生きる人間を「別の日本」に置いてみればいいじゃないかと考えた。
箱根に女と遊びに来ていた主人公小田桐は、いつのまにか別の日本に迷い込んでしまう。
そこは、第二次大戦終結後も日本人たちが、占領された日本でゲリラ活動を続けている世界だった。
日本人たちは、地下に迷宮のような都市を作りだし、あちこちのトンネルから出撃しては国連軍と戦闘する。

そこで小田桐は、スパイと疑われ最前線に送られて何もわからず、戦闘に参加する。
そうしていくうちにだんだんと価値観が覆されていく。
そして、生き残って地下都市に帰ってきたときに、現在の日本からは失われてしまった光景を目にする。
活き活きとした少年少女たち。
食堂でお互いを思いやりながら食事する家族。
化粧もせず、地味な服装ながらもそれでいて美しい女性。
占領後、アメリカ文化の猿真似をするうち日本は大事な何かを失ってしまったのではないか。
そう問いかけをしてくる小説である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »