« 玻璃の天 | トップページ | 老ヴォールの惑星 »

2010/01/21

二重標的

今野敏「二重標的 東京ベイエリア分署」(ハルキ文庫)を読んだ。

TBSドラマ「ハンチョウ」の原作、安積班シリーズの1作目。
舞台は東京湾臨海署。現在のようにマンションがたくさんできる前で人口が少ないので、警察署の規模も小さく人員も少ない。しかし、東京湾岸で起こった事件には、必ずかりだされるので管轄はとても広い。
だから安積警部補やその部下たちは常に忙しい。
その過酷な現実のなかで、刑事たちが犯罪者逮捕に向けて、時には対立しながらも、真相にせまっていく。
主人公の安積警部補は、他の推理小説のように、天才的な推理能力を発揮するヒーローではない。
上司に無理難題を押し付けられ、部下が何を考えているのかよくわからない、中間管理職にすぎない。
それでも 弱音を吐かずがんばる姿に、組織の中で働くのも悪くないという気持ちになるのである。

二重標的(ダブルターゲット)―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)
4758432252

|

« 玻璃の天 | トップページ | 老ヴォールの惑星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/47356458

この記事へのトラックバック一覧です: 二重標的:

« 玻璃の天 | トップページ | 老ヴォールの惑星 »