« ミラクル三年、柿八年 | トップページ | 星新一 一〇〇一話をつくった人 »

2010/04/16

「ゲゲゲの女房」が意外と面白い

あまり期待していなかったが「ゲゲゲの女房」が面白いではないか。
まあ、前の「ウェルかめ」があまりにつまらなかったため、余計に面白く見えるのかもしれないが。
しかし、「ゲゲゲの女房」といい、「龍馬伝」の岩崎弥太郎といい、NHKは貧乏人でも結婚しようよキャンペーンでもやっているんでしょうか。
しょせんは国営テレビ局だから、厚生労働省から少子化対策のドラマを作れと圧力をかけられたんでしょうなあ。
「ゲゲゲの女房」はさすがにNHKのドラマだからお上品に作られているが、そこがまた物足りないところ。
やはり水木しげるの自伝マンガ「私はゲゲゲ」の方がお下品なネタもあってドラマ以上に面白い。

私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝 (角川文庫)
4041929288

|

« ミラクル三年、柿八年 | トップページ | 星新一 一〇〇一話をつくった人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/48103795

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」が意外と面白い:

« ミラクル三年、柿八年 | トップページ | 星新一 一〇〇一話をつくった人 »