« Q10は面白いのか | トップページ | HEROESファイナル・シーズンにがっかりだ »

2010/11/21

ここがウィネトカなら、きみはジュディ

大森望編「時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ」(ハヤカワ文庫)を読んだ。

やっぱり時間テーマのSFは面白い。
特にテッド・チャンの「商人と錬金術師の門」がいい。妻の死を防ぐべく過去に旅立った男の話。
そのほか時間を超えたラブロマンスイアン・ワトスン&ロベルト・クアリア「我らの生涯の最愛の時」
ケン・グリムウッドの「リプレイ」の元祖とも言えるH・ビーム・パイパー「いまひとたびの」
北村薫のスキップをさらに複雑にしたような話の表題作など。

ということで、最近はSFばっかり読んでいる。
現実逃避願望のあらわれか?

ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)
テッド・チャン クリストファー・プリースト リチャード・A・ルポフ ソムトウ・スチャリトクル F・M・バズビイ イアン・ワトスン ロベルト・クアリア ボブ・ショウ ジョージ・アレック・エフィンジャー ロバート・シルヴァーバーグ シオドア・スタージョン デイヴィッド・I・マッスン H・ビーム・パイパー 大森望

早川書房 2010-09-22
売り上げランキング : 2272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« Q10は面白いのか | トップページ | HEROESファイナル・シーズンにがっかりだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/50091058

この記事へのトラックバック一覧です: ここがウィネトカなら、きみはジュディ:

« Q10は面白いのか | トップページ | HEROESファイナル・シーズンにがっかりだ »