« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/18

一私小説書きの弁

随筆集 一私小説書きの弁 (新潮文庫)
西村 賢太
4101312834

西村賢太「随筆集 一私小説書きの弁」(新潮文庫)を読んだ。

この人の小説が読みたいんだが読めない。
あまりにシンクロしてしまいそうで怖いからだ。
まるで自分のことが書かれているみたいで、恥ずかしいからだ。
だからとりあえず随筆集を読んでみた。
著者が敬愛する作家、藤澤清造のことについて書いた文章が多い。

藤澤清造と言えば忘れられた作家であった。
しかし、自ら没後弟子と名乗る西村賢太が芥川賞を取ったためについに代表作「根津権現裏」が新潮文庫から出たんだから、本人もあの世でびっくりしていることだろう。
その藤澤清造の人生についても、この本の中で語られているのだが、文学の道に入ったために狂ってしまった人生だということがわかる。最後は芝公園で凍死していたという。

西村賢太も最後は野垂れ死にでもいいという。
果たして、文学の闇に落ちていくのか、人並みな幸せを手に入れるのか?

とりあえず小説も読んでみようと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/07

寝ても覚めても本の虫

寝ても覚めても本の虫 (新潮文庫)
児玉 清

寝ても覚めても本の虫 (新潮文庫)
新潮社 2007-02-01
売り上げランキング : 2411


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

児玉清「寝ても覚めても本の虫」(新潮文庫)を読んだ。

児玉さん、本当に本が好きだったんだなあ。
自分がどうして本が好きになったか、本を読む喜びとは、どんな作家が好きなのかが語られている。
すごいのは、俳優としてまだ売れてない頃、奥さんに反対されたのに、がまんができず高額な本のセットを月賦で購入したのがばれたとき、「こういう本は女房を質に入れても買うべき本なのだ」と言ってしまったというエピソード。
いや、確かにそうです。女より価値がある本はあるのです。でも思っていても口に出してはいけません。
その後も奥さんとは本を捨てる捨てないで何度も揉めたとか。
既婚者はいろいろと大変ですなあ。

俺は誰も止めてくれないんで、好きなだけ本を買ってます。
ぜんぜん読んでませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »