« これがおれが待っていた小説だ | トップページ | 第六ポンプ »

2012/05/13

リヴァイアサン クジラと蒸気機関

リヴァイアサン クジラと蒸気機関 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
スコット・ウエスターフェルド Pablo Uchida Keith Thompson

リヴァイアサン クジラと蒸気機関 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
早川書房 2011-12-07
売り上げランキング : 49313


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スコット・ウエスターフェルド「リヴァイアサン クジラと蒸気機関」(新ハヤカワ・SF・シリーズ)を読んだ。

改変歴史ものSFだと第二次世界大戦が舞台のものが多いが、これは第一次世界大戦モノ。
ダーウィンが遺伝子操作の方法まで発見したことになっていて、イギリスなどはこれを兵器開発に取り入れているという設定。
ということで、クジラに蒸気機関をつけて、飛行船みたいにしたものがリヴァイアサンと呼ばれる飛行獣。
これに乗り込むことになるのがイギリス軍の士官候補生デリン。

もう一方の主人公は、オーストリアの大公の息子アレック。
アレックは両親が暗殺されたために、二足歩行型ロボット、ストームウォーカーに乗り込み逃避行をすることになる。

面白いことは面白いのだが、ちょっと爽快感が足りないか。
シリーズものの一冊目なので、2巻以降に期待。

|

« これがおれが待っていた小説だ | トップページ | 第六ポンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/54699020

この記事へのトラックバック一覧です: リヴァイアサン クジラと蒸気機関:

« これがおれが待っていた小説だ | トップページ | 第六ポンプ »