« のぼうの城 | トップページ | アンドロメダ病原体 »

2012/08/17

華氏451度

華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)
レイ ブラッドベリ Ray Bradbury

華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)
早川書房 2008-11
売り上げランキング : 9445


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

レイ・ブラッドベリ「華氏451度」(ハヤカワ文庫SF)を読んだ。

最近本屋に人はいないし、電車の中ではみんなスマホに夢中。
もう本なんてなくなるのも時間の問題じゃないの。
この小説の中では、本を持つことが政府によって禁じられているけど、そんなことしなくても誰も本をよまなくなると思う。

主人公モンターグは結婚をしていて、そこそこの生活をしているものの、幸せを実感できないでいる。
妻は、テレビモニターで仲間と会話するのに夢中でかまってくれない。
そんな中、隣に引っ越してきた少女クラリスと知り合い、話すうちに自分の生活に疑問を抱きはじめる。

この小説の中でなぜ政府は書物を禁じたのか。
それは、ものごとを深く考えさせないため、従順な国民を作るためだ。
政府のいいなりになって生きる、それはそれで楽でいいのかもしれないが、その結果が今の日本みたいな、ワーキングプアの大量生産みないなことでいいのだろうか。

|

« のぼうの城 | トップページ | アンドロメダ病原体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/55445928

この記事へのトラックバック一覧です: 華氏451度:

« のぼうの城 | トップページ | アンドロメダ病原体 »