« 忍びの国 | トップページ | トム・クルーズ、背も小さいが器も小さい »

2012/09/20

ベヒモス クラーケンと潜水艦

ベヒモス ―クラーケンと潜水艦― (新ハヤカワ・SF・シリーズ)
スコット ウエスターフェルド Scott Westerfeld

4153350044
早川書房 2012-06-08
売り上げランキング : 143504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スコット・ウエスターフェルド「ベヒモス クラーケンと潜水艦」(新ハヤカワ・SF・シリーズ)を読んだ。

待望のリヴァイアサンシリーズ第2巻である。
1巻目はけっこうチンタラしていたが、やっと2巻目で面白くなってきた。

物語の主人公アレックとデリンをの乗せた英国空軍の飛行獣リヴァイアサンはオスマン帝国に向かう。
オスマン帝国がドイツに味方するのを何とか阻止しようとするのだが…。
女であることを隠し軍隊に入隊したデリンとアレック公子の恋の行方も面白い。
今回は、その二人にリリトという美少女がからんできて、物語を盛り上げてくれる。
12月発売の3巻が楽しみである。

|

« 忍びの国 | トップページ | トム・クルーズ、背も小さいが器も小さい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/55705535

この記事へのトラックバック一覧です: ベヒモス クラーケンと潜水艦:

« 忍びの国 | トップページ | トム・クルーズ、背も小さいが器も小さい »