« トム・クルーズ、背も小さいが器も小さい | トップページ | あらゆる小説は模倣である »

2012/10/19

ブラックアウト

ブラックアウト (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
コニー・ウィリス 松尾たいこ

ブラックアウト (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
早川書房 2012-08-08
売り上げランキング : 5265


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コニー・ウィリス「ブラックアウト」(新・ハヤカワ・SF・シリーズ)を読んだ。

タイムトラベルもののSFでシーリーズの三作目に当たる作品。
でも話が独立しているので、これから読み始めても楽しめる。
おれもコニー・ウィリスはこれがはじめて読んだ作品だ。

2060年のオックスフォード大学の史学科の学生が、過去の観察のために、タイムトラベルするのだが帰れなくなってしまうという物語。
三人の学生たちが、第二次世界大戦下、1940年の別々の場所に、すぐに帰ってこれるのだからとお気楽に旅立つのだが、現代に帰れるポイントとなる降下点という場所がなぜか開かなくなってしまう。
三人それぞれがうる覚えの他の二人の居場所を探して何とか見つけようとするのだが、すれ違いの連続でなかなか出会えない。
携帯電話のない時代の物語ってこれがあるから面白い。
度重なる空襲の中を逃げつつ、生き延びようと努力する。
一難去ってまた一難というハラハラドキドキの連続、これぞ読書の醍醐味である。
しかし、続編の「オールクリア」の刊行予定が来年の4月とは。
あんまりですぜハヤカワさん!

|

« トム・クルーズ、背も小さいが器も小さい | トップページ | あらゆる小説は模倣である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/55927594

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックアウト:

« トム・クルーズ、背も小さいが器も小さい | トップページ | あらゆる小説は模倣である »