« プロジェクト:シャーロック | トップページ | アイアムアヒーロー »

2018/10/04

ファイト・クラブ

映画「ファイト・クラブ」を見た。

監督:デヴィッド・フィンチャー
主演:エドワード・ノートン

主人公は、半年間の不眠に悩まされてるサラリーマン。
医者に睡眠薬をくれと訴えても、世の中にはもっと苦しんでる人もいる、睾丸ガン患者の会合に出てみろと勧められる。
そこで心からの安らぎを得た彼は、次々と他の難病患者の会合に出席するようになる。そこで運命の女と出会い人生が変わっていくというストーリー。
小説や映画が好きなら、1時間ぐらい見るとオチはわかってしまう。ところどころにヒントもあるし。
タイトルから単なる暴力映画と思われて敬遠している人も多いと思うが非常に哲学的な内容を含んだ映画である。
ブラッド・ピット演じる主人公の友人タイラーは、おれたちは宣伝に乗せられていりもしない車やブランド品を買わされていると言う。それが本当に生きているということなのかと疑問をぶつけてきて、殴り合いの痛みの中にこそ生きている実感があると、ケンカのサークル「ファイト・クラブ」を作るのだ。

|

« プロジェクト:シャーロック | トップページ | アイアムアヒーロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91465/67239962

この記事へのトラックバック一覧です: ファイト・クラブ:

« プロジェクト:シャーロック | トップページ | アイアムアヒーロー »